お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ発表


ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ(P4U)が発表されました。

ペルソナ4の主人公メンバーを中心に、ペルソナ3人気キャラクターの「アイギス」等が登場する2D格闘ゲーです。

ついったーにて第一報を聞いたときには「やばいんじゃないか・・」と思ったけど、ファミ通の記事をみて安心しました。
→ファミ通での紹介記事
アーク(ギルティギア、ブレイブルー)との共同開発かつ、公開されたスクリーンショットからも手抜きを一切感じられない。
例えるなら、CAPCOM製作の「ジョジョ3部格ゲー」並に期待しています。

特にこの描写にアークのホンキを感じました。
2011_0903.jpg
新規2D格闘ゲーでこの書き込みが出来るのは古きよき時代の格ゲー好きとしては期待せざるを得ません。


とりあえずアイギスの参戦確定してる事だし、ペルソナ3女主人公、ゆかりっち辺りは参戦して欲しいなー。
追加DLCで1200MSP程度なら余裕で出せますし。  

スポンサーサイト
2011,09,03 22:24Edit
 

PHANTOM BREAKERクリア


PHANTOM BREAKERの実績が1000になりました。
オンライン対戦がメインの格闘ゲームに「クリア」は無いのですが、一区切りついたのでまとめてみます。

まずゲーム部分。
最大の特徴は2D格闘ゲームでは当たり前のように実装されている「必殺技を出す為にコマンド入力をする」事が簡略化されている所にあります。
その為、ボタンを適当に押しているだけでも何となく上手く操作している感じを味わえます。

次の特徴は同じキャラクターでも「クイックスタイル」「ハードスタイル」と2パターンを選択でき、各スタイルごとに立ち回りが変わります。
クイックスタイルではボタンを連射する事で連続技が手軽に繋がる。
ハードスタイルでは連続技は繋がりにくい分、1つずつの攻撃が重い。
正確には細かい仕様の差がかなりありますが、こんなイメージであってると思われます。


逆に失敗してると感じたのは「既存の格闘ゲームの良い所を取り入れすぎた」事。
上記に書いてあるように格闘ゲームを普段遊ばない人でも遊びやすくする敷居の低さがある反面、意識してオンライン対戦で勝とうとした瞬間に覚える事が急激に増えます。
その為、一見すると簡単に見えたはずが敷居が一気に高くなるんです。
2D格闘ゲームに慣れた私ですら難しさを感じました。



次に最大の失敗点は「発売元の5pbの強みである、魅力あるキャラクターによるADVやストーリー性がほとんどなく、会話中の立ち絵すら手を抜いていた事」です。
このゲームでは私服と変身時の2パターンの衣装が存在するキャラクターや武器を持っていない場面があるにも関わらず、常に変身時で武器を装備した立ち絵しかない。
なおかつ豪華な声優陣を起用したにも関わらずADV要素がほとんど無いのは致命的に感じました。
「カオスヘッド」から参戦の梨深&「シュタインズゲート」から参戦の「紅莉栖」に至ってはストーリーモードすらありません。
格闘ゲームとしてもですが、個人的には魅力あるキャラクター同士のシナリオに期待していただけにマイナスと言わざるを得ない出来。
唯一の救いは「金朋」さんの熱演だけでした。


併せて辛かったのは実売数に比べて、オンライン接続人数が極端に少なかったこと。
格闘ゲームは同レベルの人とすぐにオンラインで遊べるのが最大の魅力と思うだけに人が少ないのはきついです。
更に酷かったのは「プレイヤーマッチが2人限定」な事。
昨今の格闘ゲームでは当たり前のように「プレイヤーマッチが6人かつ、対戦していない残り4人は対戦を観戦可能」なんです。
オンライン接続人数が少なくても、上記のポイントが抑えられていれば親しいフレンドとボイスチャットで話しながらプレイヤーマッチを遊べたと言うのに・・・・
実装の予定はある?もしくは既にされているのかもしれませんが、発売時に冷めてしまって以来遊んでいません。


ストーリーモードではストーリーが全く完結せず、続編が発売されるのは確実と思われます。
上記不満点が改善されていれば、特に「ADV要素」「オンライン周り」が改善されていれば数倍売れる可能性を秘めているタイトルだと思います。
格闘ゲームとしての最低限の水準は満たしているだけに、次回作では今作のノウハウを活かした良作に生まれ変わると嬉しい。
格闘ゲーム好きとしてはソフトラッシュと発売日が被らなければ次回作も買います。

 

2011,07,01 22:03Edit
 

アルカナハート3購入


フレンド内ですこぶる評判の高い「アルカナハート3」を購入しました。

シリーズ初プレイなのですが、基本的な2D格闘ゲームを知っていれば少し練習すればランクマッチで普通に対戦できる感じ。
ジャンルは「ハートフル2D対戦アクション」
格闘ゲームではありません。


格闘ゲームとして見ると、CAPCOM製作の「ジョジョの奇妙な冒険」の様なバランスのキャラゲーです。
勝ち負けよりも楽しんだもの勝ちってノリのプレイヤーが他の格ゲーよりも多いなって印象です。
キャラゲーかつ、ほぼ女の子しか登場しない本作は見た目のノリにさえ付いてこれれば化けます。


初心者視点で格ゲーとして優秀だなと思ったのは、必殺技や特殊行動をする為に必要なゲージが自動で貯まっていく為、ゲージを貯めた後の攻防が常時行うことが出来るところ。

ストリートファイター4に例えるなら、「セービングキャンセル」
ヴァンパイアに例えるなら、「必殺技をキャンセルして超必殺技に繋げる」
ブレイブルーに例えるなら、「バリアバースト」
この辺の特殊行動が比較的楽に連発出来るのが嬉しい。


他にも色々細かいシステムがあるので把握するのに時間がかかりそうではありますが、説明書を読んで最低限のボタン操作を確認しただけでも対戦できる位に敷居が低いので興味がある方は是非遊んでみてください。


私の最初の嫁(使用キャラ)はシャルラッハロート。
見た目だけで選んだらプレイスタイル的に合わないキャラですが、見た目が全てなゲームなのでこのまま使い続けます。
20110208.jpg
40戦くらいで、PSR30になりました。

派手な演出が多いゲームなので、超必殺技ともなると凄い事になります。
画像だと分かりにくいのですが、とても高い位置に打ち上げられてる姿
20110208_2.jpg
 

2011,02,09 14:31Edit
 

スパ4@いぶき実装


いぶきの参戦が確定しました。

スト3稼動時にはSNKの格ゲーとかジョジョをプレイしてたので10回くらいしかプレイしてませんでした。
ブロッキングの敷居の高さが初心者お断りな感じだったんですよね。
そんな中での心のオアシスが女子高生忍者のいぶきでした。

とりあえず苦無、首折りの連発で遊んでいた記憶があります。
首折りが決まると気持ちいいんですよね。


今回の新規追加としては
・スト3枠
 いぶき
 ダットリー
 まこと

・ストZERO枠
 ガイ
 コーディー
 アドン

・スパスト2枠
 ディージェイ
 Tホーク

・新規
 ジュリ
 Hakan(実装未確定)

合計35キャラになるようです。

スト4は全キャラ解除してオンライン対戦も少しやった辺りでデータが消えて以来、ほとんど遊んでませんでしたが練習再開してます。
キャンセルの独特な入力受付とセービングシステムの把握さえ出来れば何とかなりそうですが、まだまだ勝てそうにありません。

恐らくは使いこなせずに勝てないと思われますが、いぶきをメインに。
後はリュウ、サガット、さくら、キャミィ、ジュリ辺りを練習してみる予定です。

今年はブレイブルーCSも発売予定ですし格ゲー好きとしては遊ぶ時間を確保するのに苦労しそうなですね。


MW2、MAG、ロスプラ2、スパ4、BBCS、モンハンF、FF14等、今年もオンラインは豊作です。  

2010,02,17 23:35Edit
 

SOUL CALIBUR4購入


VF5以来、久々の格ゲーです。

VF5:G(ガード),P(パンチ),K(キック)
SC4:G(ガード),A(横斬り),B(縦斬り),K(キック)

辺りが操作ボタンの比較になります。


VFシリーズをプレイしていれば最低限のレベルではありますが、すぐに対戦できるくらいに感覚は似ています。
肝になるポイントは全く違うので、対人戦をしっかりやるためには基本システムをしっかりと掴まないと厳しいでしょう。



格ゲーとしての説明はこの辺にしておいて、このゲームの凄いところは"キャラクリエイト"です
VF5でも恐ろしい数のパーツによるキャラカスタマイズが出来ましたが、SC4は比較にならないくらいにキャラクターを細かくいじれます。

■VF5
髪型、頭アクセ、首アクセ、上半身服、下半身服、上半身アクセ、下半身アクセ、足アクセ、手アクセ

■SC4
髪型、顔の形、声質&セリフ&声の高さ、体型、性別、頭アクセ、顔アクセ、首アクセ、下着、上半身服、下半身服、腰アクセ、靴下、靴
眉・目・髪・肌・全ての服・アクセの色をカラーパレットから調整

※アバウトですが、VF5とSC4のクリエイト出来る部位の比較です。


FF11っぽいキャラを試しに作って見たところ、
brog1.jpg

brog1.jpg

こんな感じで作れました。


現在は勝ち負けよりもクリエイトの腕をグループのフレンドと競って遊んでいます。
VF5では2人しか参加出来なかったのが、SC4だと4人までが同時に参加して遊べるのも盛り上がる要素としては大きく感じます。
対戦自体は2人対戦なのは同じですが、待機してる人も対戦を観戦しつつボイスチャットで対戦者と話せます。
ボイスチャットを多用するのは他のFPS/TPSでも出来ますが、SC4も4人と人数が少ないもののコミュニティツールとしては優秀なので興味がある方は遊んで見るのをオススメします。


※追加分
■カリスマからくり師


■カリスマ社長


テイルズ発売の影響で日本人と対戦しにくいです。(8/10ごろ)
海外には腐るほどプレイヤーいますが、せいぜいアジア圏内じゃないとゲームにならないのが残念。  

2008,08,05 16:58Edit
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。