お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

オペアビ日記-03 【tips】


今回はオペレーションアビス序盤でつまづくと思われる
「開発ラボ」の使い方の解説をメインにいくつかのポイントを紹介します。
合わせて、TwitterID:six_360へリプライ頂ければ返答のリプライ&こちらのTipsに加えたいと思います。

【9/8追記】
開発ラボ→属性付与の情報を追記・修正しました。

その他、知っておくと便利な小ネタ集を集めてみました。
「開発ラボ」については長めになるので、一番下の方にまとめておきます。

■小ネタ集
・雑魚を倒してLvあげたい、アイテム集めたいのに全然エンカウントしない。
エンカウント率を上げるコツとしては、「扉を通った瞬間」にエンカウント率が跳ね上がるのを知っておくと便利。
終盤で学術士が覚える、「エンチェイン」と組み合わせれば、ほぼ100%エンカウントします。
MURAMASA狙いの時など、重宝します。

・ユニークアイテムの色々
ユニーク装備とは、名前が黄色になっている装備品のことです。
通常の装備品との大きな違いは、
「付与」する事が出来ない
「解体」する事が出来ない
です。
また、ユニーク装備は同じ名前でも付与される性能がランダムです。
20140811_16.jpg

20140811_17.jpg
同じに見えますが、下のクラッシュワンドだと神が白地(神ステータスが+1)されます。

ユニーク装備は貯まってくると、「納品」して処分することが増えますが、ここの部分を知らないと実はいい性能なものが・・
を処分してしまいますので、要注意。

・装備品の強化回数の上限
装備品のLvがラボで強化できる上限です。
20140811_18.jpg
上の画像では「Lv24ムソウスペック」を例に。
ラボでの強化ではLv24までしか強化出来ませんが、異形からのドロップ時には+0~敵異形のレベル数までの+がされる事があります。
理論的にはLv99の異形からドロップした装備品は、+0~+99になる可能性があります。


・装備品の「力+」などの小ネタ
Lv5バイラスカタナに力+が付いている場合より、Lv24ムソウスペックに付いている力+の方が強いです。(たぶん)
同じ力+でも、装備品のLv依存で質が上がります。(たぶん)
なので、アイテムドロップ品の品質を上げるために学術士に「レベルフリーコード」を装備させて、装備できないLvの「運+」の装備品を装備させるとドロップ品がおそらく良くなります。

とはいえ、王騎士が盾なパーティーならば、「レベルフリーコード」を王騎士に装備させ、質がいい防具を装備させた方が戦闘自体は楽になりますが。

・床が「水+のディスペルゾーン」のエリアってどうやって進むの?
水の床をあるくには「エンフロート」が基本。
ディスペルゾーンでエンフロートが無効化→水に落ちて即死という恐ろしい仕掛けが中盤以降出てきます。
回避方法は装備品に「浮遊+」がある装備品を装備。
Lv15の「フロートタスク」やLv20台のバックウェアに時々付与されています。
最低でも1つは配備より入手できますので、「コールポータル」を覚えている学術士に浮遊装備を装備させれば、
学術士一人は進むことができます。
あとは、エンカウントしたらエスケープ→浮遊装備者のみ生存をキープして該当エリアを抜けてから、本部に戻り全員を蘇生→コールポータルでトラップゾーンを抜けた先を指定すれば、最小限のコストで進行できます。

※余談ですが、私はコールポータルの性能をラストダンジョンまで知らず、上記エリアを抜ける為に6人全員分の「浮遊+装備」を準備しました。
4つほど不足していたので、ひたすらLv15フロートタスク狙いでギャンブルを数時間・・・。



・敵異形が強すぎる、連戦がつらい。
連戦するほどに貯まるライズゲージが高くなるほど、手配異形が出現しやすくなります。
未討伐の手配異形を討伐後は自動的にLv0に戻ります。
一度倒した後の手配異形は2度目以降は普通の異形扱いでエンカウントしますが、ライズLv6だとかなりの確率で手配異形とエンカウントし、なおかつ5連戦とか普通にあります。
ドロップ品の質の向上も狙えますが、ドロップは必ずするわけでもなく、ライズLv上昇=ドロップ率の上昇はありません。
なので、効率よくアイテム狙いをするならLv6を維持しないというのもアリ。

・ボスが強すぎる&弱すぎる!
ボスのLvは大抵は非表示ですが、恐らくは基準値+ライズLv+ハチの漢気パックの合計値がボスのLvです。

ボスが弱すぎる一例として、ダンジョン突入時にライズLvが低いまま探索し、道中で手配異形戦でライズLvが下がり、その直後にボス戦に突入。
この場合、ボスはかなり弱いはずです。
ライズLvが低い&武器を強化してあると大抵のボスはあっさり倒せます。

逆にボスを強くしたい場合は、ダンジョン攻略中に初遭遇の手配異形を討伐→その後にライズLv6に上昇させてからボス戦をすると強さが跳ね上がります。
それでも弱いならば、ハチの漢気パックの出番です。
それをやっても弱すぎるならば、装備を強化しすぎかLvを上げすぎかもしれません。



・ユニオンゲージはユニオンスキルを使い続ける事でゲージの最大量増加や強化スキルが追加される。
 ユニオンスキルの個人的な評価

 BRAVE:隊員全員での攻撃になるので、防御スキルや回復スキル等が一切使えないのは厳しい。
       隊員の行動が一切出来ない事、他のスキルが優秀なのでBRAVEは使わなくても良いかも。
  総員特攻→全体的に攻撃出来るのは便利なものの、使うことで殲滅出来るほどのダメージは期待できず
  集撃命令→必中攻撃は回避が高めの格上を相手にするには便利。

 MAGIC:防御、魔法攻撃と非常に優秀。
      ゲージを使うならマジックシェルを常時かけて、ユニオンゲージを成長させても良いくらいに使い勝手が良い。
  マジックシェル→隊員全員、全ての攻撃へのダメージ緩和。
            手配異形やボス戦では効果を持続させるのは必須。最重要とも言えるスキル。
  バーストアレイド→スペル効果の上昇。
            攻撃スペルを使うにもスペル回数制限が限られるため、対手配異形・ボス戦で活きるスキル。
            育った聖術士ならば毎ターンMP回復するので、バーストアレイド&聖術士の攻撃スペル連射が強力。

 ACADEMY:全スキルが非常に優秀。使い方を知ることで格段に戦力アップ。
   エスケープコード→確実に戦闘から逃げる事が出来るのは優秀。ライズLv下げにも使える。
   ファストコード→効果中のターン、隊員全員が敵より先に行動できる。
             瀕死になった時に敵の攻撃の前に回復をしたり、
             先制攻撃のみでトドメをさせるときに使ったりなど。
             使い方次第では危機的状況を一変させれます。
   スロウコード→敵の命中率・回避率を低下。
            暗術士が盾役ならば、回避率を上げることでのメリットがあり、
            攻撃が当たらない相手ならば、スロウコード&ヒットビルダーの組み合わせで命中率があがる。
            武術士だとスロウコード&ヒットダウンを組み合わせる事で「修羅表」の攻撃持続回数が増えます。
            ※迷宮クロスブラッドでは、1度使用すればスロウコードをかけた相手への効果は持続していました。
              今作では恐らくは効果ターンは1ターンのみです。(検証回数が少なく自信がありませんが・・)


・学術士、魔術士、射術士がゲーム開始時に攻撃ができない。
 学術士:攻撃面よりもステータス「運」を上げる事でアイテムドロップ品の質の上昇や、Lv15で覚えるブレインスパイア(知・神で効果上昇)といった、サポート役です。
 体感ですが、運を上げた学術士がいると、隠し扉を発見しやすい気がします。
 フロアサーチでの隠し扉や地形の確認、対ボス戦でのヒットダウン、ファストユーズによる「マルチケア」等の連射での生存率アップなど、補助役です。

 射術士:まずは「開発ラボ」の配備からJWショートボウ&JWアローを購入し、それぞれを作成。
       装備Lvは2なので、Lv1の間は常時防御等で我慢です。
       ピアース、乱れ撃ちを覚える頃にはかなりの火力を出せます。

 魔術士:聖術士のマナデコードが無いと長時間の探索中にMP切れを起こしやすいです。
      特に序盤はスペルをつかえる回数が少ないため、我慢の時です。
      Lv7でブートキャストを覚えれば、MPを減らさずに攻撃可能。
      バーストアレイド&マジックバースト&ファストキャストの組み合わせは全クラス中最高クラスの火力。
      成長した聖術士がいるならば、歩くだけ&ターンを経過するだけでMPが回復する聖術士からのマナデコードでMP切れの心配もなくなります。


・ラボで配備されるアイテムは一部を除き、購入できる個数が限られている
 特に注意したいのは「各種キーツール」「リカバリー系」のアイテム。
 キーツールはラボでの配備、もしくはダンジョン内でのドロップしか入手方法が無いため、
 「ダンジョンから出る度に開けないと先に進めない扉があるダンジョン」を攻略する際は、できるだけ一気に進まないといけません。
 具体的には「バベルキー」が一学期終盤のとあるダンジョンで枯渇する可能性が高いです。
 そこのダンジョンのとある仕掛けや長時間の探索によりダンジョンから出て補給・回復を繰り返す事で「バベルキー」を何度も使った結果、「バベルキー」が不足する事になります。
なので、キーを使う際は出来るだけ一気にダンジョンを攻略すると良いです。

 リカバリー系は死ぬ度に使うと確実に不足します。
 死者がでた場合は本部へ帰還し、回復ラボで回復→経験値を他のメンバーと揃えるならば成長手術で経験値を整えると楽です。


・VITA限定で、戦闘コマンド入力中に画面をタッチすると最前列にいる異形の吹き出しセリフが聞ける。
 気になるセリフも色々見れます。
 特に対ボス戦だとセリフを見る前に倒してしまう、等の心配事がなくなります。


・開かない扉がある!開けないと先に進めない?
 開かない扉には数種類の解除パターンがあります。
 ・サイクラック
  学術士がいないと開きません。学技とLvが高いほど開きやすいです。
  基本的には扉を開けた先にはアイテムがあるのが基本。攻略には関係ありません。

 ・ハックキーもしくはバベルキーで開くタイプ
  ハックキー、バベルキー共に三種類あります。
  扉に合ったランクのキーを消費することで解除。
  いつ出てくるか解らない(初攻略時)なので、キーがなくてあかない場合は上位のキーを作ってみると開くかもしれません。

 ・ストーリーの進行に合わせて入手できるキー
  上記のキーと同様、扉を調べたときには「キーが無いので扉が開きません」とメッセージが出ます。
  見分けがつきにくいので、開かない時はキーを全部そろえてみつつ、それでも開かないならこのタイプのキーと思えばいいかなと。
   

・先に進めない!進みにくい!
ダンジョンの形、学術士のフロアサーチで怪しい場所を調べると大抵は隠し扉が見つかります。

具体例ですと、一方通行の壁があるにも関わらず、そこを通り過ぎるとダンジョンのスタート地点に戻るようなマップや、
マップを埋めても同じところをぐるぐる回るだけにしか見えない地形の場合、大抵は角の方に隠し扉があります。

隠し扉については恐らくですが、「運」ステータスが高い学術士がいると発見しやすいです。
それでも発見できない場合があるので、そんなときはフロアサーチをしましょう。
MP切れたら聖術士のマナデコードでMPをもらい、更にフロアサーチをしましょう。

とはいえ、オンラインに接続して「ライザーメモ」を使えば全ての仕掛けの場所と答えが書いてあります。
(オンライン機能OFFにしてるので未確認ですが)
ライザーメモを使うと「ダンジョンRPGの楽しさの一つ」である、謎解きができなくなるのは辛いところですが、解らずにクリア出来ないほうが勿体ないので、ライザーメモに頼るのもありです。  

【続きを読む】
スポンサーサイト
2014,08,12 00:36Edit
 

オペアビ日記-02 【全任務完了&MURAMASA取得】


現在のプレイ時間は約74時間。
20140810_1.jpg
57番目のセーブデータは全任務達成時。
58番目のセーブデータはMURAMASA取得時。
59番目のセーブデータは継続してやりこんでいるデータになります。

トロフィーも無事取得しています。
20140810_2.jpg
コンプリート率は87%なので、コンプリートはまだ先になりそう。

今回はMURAMASAキャンペーンが短期間かつ、繁忙期でプレイ時間の確保が難しい可能性が高かったので「MURAMASA」を取るまではプレイ日記を書かない」のは決めていましたが、取得後もゲーム本篇が楽しすぎてついつい遊んでしまいます。

これまで別タイトルで書いていたプレイ日記はプレイ中に随時更新でしたが、今回はセーブデータをたくさん残す事で後からでも書けるように仕込んでいます。
必要な部分はスクリーンショットを残したり。
総セーブデータ59個。総スクリーンショット約2500枚。
ここを改めて吟味してプレイ日記を起こすかどうか?
今回のプレイ日記を今後どの方向で書いていくか悩んでいます。

あまりにも熱中しすぎて燃え尽きているのです。

当初は迷宮クロスブラッドリローデッドのプレイ日記に近いものを想定していましたが、忙しいのでなかなか時間をとれず。

熱中した分の熱量をプレイ日記に残せるか?
燃え尽きている状態で書いても質が落ちるんじゃないか?
等、色々と懸念材料があります。

最低でもあと1回。
プレイ後の感想は書きたいな、と。

©2014 Experience ©MAGES/5pb.    

2014,08,10 23:57Edit
 

オペアビ日記-01 【キャラメイク】


待ちに待ったオペレーションアビスが発売されました!

ソフマップにて限定版を購入しました。
20140714_0.jpg
写真ではわかりにくいですが、左側にあるものはA4サイズの限定版、中央が普通のCDと同じ大きさのサントラ。
合わせてタペストリーのセットです。
でかいです!小さいです!
アリスファンとしてはご褒美なタペストリーです。


では、今回のキャラクターメイキング。
DRPGを遊ぶごとに何かしらの元ネタを使っていますが、今回はDies Iraeのキャラクターと、早期購入特典のカオスヘッド;ノアとのコラボポートレートを使いました。
※カオスヘッド;ノアのキャラについてはボイスのみ未対応。名前や性格などは最初から設定されています。

メイキング時にボーナスポイント10が一度だけ出ました。
狙ってない時に限って出てくるという。
20140714_14.jpg



まずはメインパーティー。「聖槍騎士団黒円卓」文字数が足りなくて十三騎士団に出来ませんでした。
王、戦、武、射、聖、学をセレクト。
無難すぎますが、今回はMURAMASAキャンペーンを狙いますので、手軽に強い構成で臨みます。
主人公である自分の分身が紛れているのは、日輪市に調査士に来ていた黒円卓のメンバーが学園に侵入するために学生として偽り潜入中に、偶然事件に巻き込まれた一般人な自分が巻き込まれてしまった仮の騎士団員といったところ。
脳内設定は大切です。

王騎士:櫻井 戒 防御特化で育成予定
20140714_3.jpg

戦術士:ベアトリス キルヒアイゼン キャラのイメージに合うように素早く手数で押せる方向へ
20140714_4.jpg

武術士:櫻井 螢 Dies Iraeプレイ済な方なら解るはずな再現度。創造!
20140714_5.jpg

射術士:エレオノーレ ヴィッテンブルグ 原作ではいくつもの顔を持つキャラ。射術&魔術のハイブリットで育成予定。
20140714_6.jpg

聖術士:シックス 今回の自分の分身。死ににくく、しっかりと回復できる様に育成予定。
20140714_2.jpg

学術士:ルサルカ シュヴェーゲリン 魔術師なイメージですが、本質は探究心があるキャラクター。なので学で。
20140714_7.jpg


サルベージ兼サブパーティー「ギガロマニアクス」(こちらも文字数が足りず)

武:ビシィさん
20140714_8.jpg

戦:セナしゃん
20140714_9.jpg

暗:こずぴぃ
20140714_10.jpg

魔:FESさん
20140714_12.jpg

聖:七海
20140714_11.jpg

学:病んでる人
20140714_13.jpg

カオスヘッドキャラの設定や性格が結構こだわってるんですよね。
七海の性格以外は全てデフォルトです。

©2014 Experience ©MAGES/5pb.  

2014,07,25 19:30Edit
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。