お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

XboxLive初対戦 (カルドセプトサーガ)


シールド戦をやりました。
見知らぬ方とのXboxLive初対戦です。

ちなみにカルドのオンライン対戦自体も初な状態でシステムがさっぱり分かりません。


検索したらプレイヤーが見つかったので早速対戦です。

噂どおり「無属性」「属性」「複属性」からブックが選べる様子。
適当なブックを選択して対戦開始。

マップはストーリーモード一つ目の「サンタナ村」です。
なんでこのマップなんだろうか?と疑問に思ったわけですが、マップが狭く勝敗が分かれやすい。
要は「短時間での対戦に向いている」と言う事。

※この対戦の後にフレと対戦したら1.5h時間がかかりました。
※マップは短期で勝敗がつきやすい場所がよさそうです。

んで、対戦を開始して気づいたことが。
画面の右の方に赤いスピーカーの様なアイコンが点滅しております。
後からマニュアルを調べて分かったことですが、ボイスチャットをすると点滅する模様。
スピーカーからは何も聞こえないのでヘッドセットが無いと声は聞こえないようです。

聞こえないと何を言ってるんだろうか?と不安になったりもしますが、自分もヘッドセットを装着してボイスチャット可にすれば意外と楽しいのかもしれません。


対戦のルール設定で思考時間を30秒に設定してあったようで(これも後からマニュアルを見て存在を知りました)かなりの緊張感がある感じ。
てか、見知らぬ相手との対戦はNPCとは勿論違うのです。
相手プレイヤーの配置しているクリーチャーにカーソルを合わせて情報を調べる動作まで相手の画面にも表示されるのです。
何を見て何を考えているのか?
それが分かるのです。

Sixはプレイして数時間程度なので知らないカードばかりなのでカードの説明をよく確認します。
そんな癖からも「こいつは初心者だな」とばれるのはご愛嬌。
また、自分のカードの中身を確認しつつ、「こいつはこんな事を考えてるな・・・」と相手に考えさせる。
細かい操作すら相手へのプレッシャーかけになるのです。


ちなみに対戦は余裕で負けました。
詰めが甘いようです。

見知らぬ相手という事で、どの程度の事までやっていいのかのボーダーラインが分からずそこもまた面白いところ。
まだまだカルド生活は続きそうです。  

スポンサーサイト
2006,11,29 19:25Edit
 

きた!カルドきた!(カルドセプトサーガ)


ストーリモードメインに進行中であります。

カルドセプトは1をサターン&PS1でやって以来なので懐かしくもあり、チュートリアルが優秀なおかげですぐに感覚が掴めます。
この親切さなら初プレイの方でもすぐに対戦できるんじゃないかなぁ。

残念ながらオンライン対戦は未体験です。
そろそろシールド戦でもやってみよかな。

※カルドセプトについて※
ポノポリー + カードゲーム みたいなイメージ?らしいです。
すごろく形式のマップをサイコロ転がして移動。
止まったマスを占領してお金をたくさん稼ごうみたいな内容。

所持金が多いほどやれる事が多い。
・モンスターや魔法・武器などを使う
・土地の通行料を値上げする
など

絶対的な戦略が無く、全てにおいて対抗策がある
能力の異なったカードの選択&配分による戦術の組み立て
この辺がポイントになります。

運要素もあるし、攻め時・守り時もある。
追求すればきりが無いだけに対戦が楽しい。


※シールド戦について※
ランダムで選ばれる組み合わせのカードを使用して対戦する形式。
・プレイ時間によるカード所持数の優劣に関係無く対戦できる事
・カードがランダムな為、先が読めない展開になる
この辺がポイントですね。


未体験な方、Xbox360未所持な方。
対戦する事のみを楽しむならかなり買いです。
デッドライジングが高評価ですが、こっちの方が個人的にはきてる!  

2006,11,24 19:02Edit
 

Live初対戦 (DEAD OR ALIVE4)


購入から半月経過してますが初のXboxLive対戦やってみました。

XboxLiveで楽しむために購入したDOA4なので購入初日にもDOAONLINEにはもちろん接続したのですが最初から挫折。
理由はONLINE周りの基本操作が説明書を読んでもさっぱり分からないから。

DOA4に限ってなのかは知りませんが、DOA4のオンラインシステムは
1.セッション(チャットルームみたいなイメージの部屋)を選択
2.セッションに参加する
3.セッション内のルールに沿って対戦する。
となります。

この辺の説明が不親切だなーと感じました。
キャラクター紹介に説明書のページを大量に使うくらいならXboxLive周りの説明をもっと親切にして欲しかった。


Sixが始めるに当たって懸念した問題。
・他のプレイヤーとのコミュニケーション方法が分からない。
 当初はキーボードの使用方法すら知らなかった。
 ボイスチャット用の機器は持っていない。

・ログインからログアウトまでの流れが分からない。
 基本中の基本を知らずに見知らぬプレイヤーに迷惑をかけたくなかった。

どちらの問題も説明書に書くべきポイントと思います。
手探りで探していく物ではないなぁと。


で、肝心のオンライン対戦。

やべええええええええええええええええええええ!

ラグ少なすぎ!
ロード時間短すぎ!

3D格闘ゲームで恐らくは60フレーム以上の高速戦闘。
なおかつXbox360ならではのハイデフ画面。

正直なところ、絶対にラグ酷いんだろうなぁと思ってましたよ。
たまーに(10分に1回。0.5秒程度。)ラグがありましたが、全く気にならないレベル。
こりゃ2D格闘ゲー程度ならゲーセンと遜色ない状態でプレイ出来るんじゃない?

てなわけで、、

カプコンさん、ジョジョ3部の格ゲーをXboxLiveでやらせてください!
SNKさん、KOFシリーズやらせてください!!

無理だろうけど、
SEGAさん、VF4でもいいからVFシリーズをXboxLiveでやらせて!  

2006,11,03 19:01Edit
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。