お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

近況 2011年7月中旬


新規購入タイトルは無いです。
キネクトタイトルのプレイ時間を増やしているので、他タイトルの進行ペースが落ち気味。

○プレイ中のタイトル
「ユアシェイプ」
晴れている日は夕食後にウォーキング→ユアシェイプで汗をかくのが日課になってます。

「スーパーストリートファイター4AE」
気が向いたときにランクマッチを数分やるくらいです。
ようやくゲーム自体に慣れてきたので、次はキャラクターに慣れるところでしょうか。
キャラが多すぎて対キャラ戦術が全くわかならい状態ですが、数をこなして慣れていかないとですね。

「車輪の国、向日葵の少女」
見事にハマりました。
ADVでここまでテンポ良く時間を忘れてしまうタイトルに出会えるのは年に数回なので、360版を移植してくれたスタッフに感謝。

1周目を終わったところですが、シナリオのよかったところをいくつか・・
・最後まで中だるみが無く洗練されていた
・ヒューマンドラマアドベンチャーの名の通り、人間の在り方を考えさせられるメインテーマ
・プレイ中にも様々な状況を考察できたこと

どうせギャルゲー。
ヒロインと恋愛するだけ。
そんな事を思ってる人にこそ薦めたい。
個人的には20代中盤以降の世代に特に薦めたい。

まだ1周目しかプレイしていないので、全エンディングをプレイしたあたりで感想を書きます
 

スポンサーサイト
2011,07,19 02:33Edit
 

End of Eternityクリア


発売からかなりの時間が経ってからのプレイですが、かなり熱中できました。
ぱっと見は美男子・美少女が出てくるJRPGに見えますが、発売前の体験版を遊んでみたら「戦闘が難しすぎて」購入を見送っていたタイトルです。

そんな私が何故購入したのか?
きっかけはTwitterフレンドによるオススメだったわけですが、「改めて腰を据えてゲームの情報を意識して集める」事により、これなら遊べると確信したからです。


発売元のSEGAでも十分その点は認識しており、公式サイトにて「戦闘システムQ&A」を動画付きで紹介されています。
→公式サイトQ&Aへのリンク
正直、慣れるまでは相当苦労します。
ゲーム内でも勿論紹介されていますが、動画を併用する事で理解度が全然違います。

コマンドを選択するだけの簡単なRPGではありません。
時間の流れ、エネミーの動き、誰がターゲットされているのか?
その辺りを計算しつつ戦闘を有利に進めないと勝てません。
慣れれば一気になれるので、慣れた瞬間に来る「直観的なすっきり感・爽快感」が楽しめるのはこのタイトルならでは。
JRPGなんてただのキャラゲーだよね。って思っている方に是非遊んで頂きたいです。
また、プレイ動画を見るだけではこの爽快感は伝わらないと思います。
廉価版も発売されているので興味をもたれたら是非手にとって頂きたい良作です。


このタイトルの最大の特徴は上記に挙げた難しすぎる戦闘システムです。
逆にJRPGにありがちな「ストーリー主導」「ムービーばかりでストーリーが進行する」には該当しないので、ストーリーをメインで楽しむ方には正直オススメ出来ません。
ストーリー・世界観はもちろんしっかりありますが、ゲーム内で語られるのは3割程度。
キャラクターの感情も含めて「プレイヤーの想像力・考察力」が試されるかもしれません。
戦闘特化で尖りに尖っています。
そういう意味でJRPGとは別のある意味では新ジャンルと言える位の実験作だと思います。



戦闘は魅力的ですが、キャラクターの人間性も非常に楽しめました。
美男子・美少女に見えて抵抗を感じる方もいると思います。
実際にゲームをプレイすると主人公全員が「等身大の良い意味で格好の悪い人間」なのが分かります。


あまりにも尖ったタイトルの為、賛否両論かつ体験版でつまづく人も多いと多いと思います。
その壁を越えた瞬間の気持ちよさは格別なので、思考型の戦闘があるRPGに飢えている方にはオススメ。
私的には豊富すぎる衣装をキャラクターに着せ替えして楽しんだりと色々と寄り道をしながら遊べたりと、既存のRPGでは考えにくい楽しさが詰まった良作でした。
 

2011,07,13 21:28Edit
 

近況 2011年7月上旬


プレイ中のタイトルが増えすぎてる為、L.A.ノワール&地球防衛軍の購入は自重しました。
1、2本プレイ完了した辺りで何か購入したいところです。

○プレイ中のタイトル
「ユアシェイプ」
発売日以来、体調が悪くない時以外は軽めにプレイしていました。
健康維持のために運動量を増やさないといけなくなったので、ユアシェイプを含めた軽い運動を1時間くらいを毎日こなしてます。
それに伴ってゲームをする時間が減るわけですが、短時間で集中して遊ぶのも楽しいのでアリなのです。

好きなメニューは「カーディオ:中級1」です。
交通事故で腰を痛めて以来、激しい運動が出来なくなったので、腰のリハビリも兼ねて良い運動になります。

実績5000キロカロリー消費を解除できたので、次は10000キロカロリー消費を目標に頑張ります。


「スーパーストリートファイターAE」
プレイする時は30分くらい軽くランクマッチを連戦しています。
コンボよりもキャラとしての特徴を覚えこませる為に対人戦をこなしてる感じでしょうか。
AEからキャラ変えしたせいもあってか、現使用キャラの勝率は3割くらいと落ち込んでます。
使用キャラの癖を覚えつつ、増えすぎた対戦相手のキャラ対策を感覚で覚える事ができれば、もう少しマシな対戦が出来るようになりそうです。
旬の時期が長いタイトルなのでマイペースでゆるりと遊んでます。


「迷宮クロスブラッド」
プレイ時間58時間にしてLv23という、凄まじく進行ペースが遅い私。
1~2時間くらいずつ、ゆったりと遊んでます。
ストーリーは一気に後半へ向けて大きく変化を見せる予感がするだけに、展開を楽しみしつつマイペースで遊びます。


「車輪の国、向日葵の少女」
他ゲームが落ち着いてきたのでそろそろ開始します。
ハマって缶詰状態にならない様に気をつけないと。


○クリアしたタイトル
「End of Eternity」

1周目クリアです。
戦闘は楽しい。キャラクターが全員魅力的。でも、考察されるのを前提としたストーリーは尖り過ぎだった。
思考を戦闘に向けるウェイトが大きいので、ストーリーを肉厚にしてほしかった。
ストーリーが楽しみたいんだ!って人には正直オススメしにくい。
歯ごたえと爽快感を両立した戦闘、生き生きとした魅力あふれる等身大のキャラクター。
ここに興味を持たれた方には凄くオススメしたい1本です。

「逆転検事2」
中盤辺りから、ロジックシステムが強引に思えた。
新システムのロジックチェスは楽しかった。
尋問してウソを暴く快感が気持ち良い。
終盤のストーリー的な流れがすぐに読めたのもちょっと、、 
逆転裁判ファンへのファンサービスもあり、楽しませる努力は凄く感じる。
けど、全体的に間延びしすぎというか、まだ終わらないのか・・・ボリューム多すぎると感じてしまいました。

要領が悪い感想ですが、シリーズファンならある程度は楽しめます。
ボリュームが多いのでじっくり腰を据えてプレイできる時にオススメしたい1本です。

逆転裁判3がシリーズで最も好きなタイトルだっただけに、それを越える新作を楽しみにしています。


ついでに・・
「ストライクウィッチーズ2」
BD版、視聴完了しました。
前半はどこかでみたことがある・・?が多かったけど、いつものノリでにやにやして楽しめました。
にやにやするって良いことですよね。精神的に  

2011,07,13 00:02Edit
 

STEINS;GATE 比翼連理のだーりん クリア


STEINS;GATE 比翼連理のだーりん クリアしました。

私的には本編を損なわない&本編と違った切り口を両立できた良ファンディスクだと思います。
人によっては「このキャラはこんな事は言わない」「このキャラのルートは酷い」と言った意見を良く聞きます。
辛口に言うなら、とあるヒロインのルートのみあまり感情移入できませんでした。

本編にハマッたなら即買いレベルですが、ヒロインごとの扱いに差があったりと人によっては不満点が多いタイトルかもしれません。

恋愛に焦点を当て過ぎて本編のイメージとはかけ離れていた「カオスヘッド・らぶCHU☆CHU」とは違った切り口かつ、雰囲気を崩さずにしっかりと作りこまれています。
本編のファンならほとんどの人が大満足するのではないでしょうか?
私にとってはファンディスクとしては最高の出来です。
上記の通りヒロインごとに扱いの差が目立つので、特定ヒロインのファンにとっては辛いかもしれませんが・・

※アニメ版から入った方はアニメ版の最終話を見たことを前提で遊んだ方がいいです。
※もしくは原作版を最終話までプレイしてからのプレイをオススメします
※本編(原作、アニメ版、小説版)等でトゥルーエンディングを見ていない人にとっては致命的なネタばれがかなりあります。
 

2011,07,01 22:40Edit
 

PHANTOM BREAKERクリア


PHANTOM BREAKERの実績が1000になりました。
オンライン対戦がメインの格闘ゲームに「クリア」は無いのですが、一区切りついたのでまとめてみます。

まずゲーム部分。
最大の特徴は2D格闘ゲームでは当たり前のように実装されている「必殺技を出す為にコマンド入力をする」事が簡略化されている所にあります。
その為、ボタンを適当に押しているだけでも何となく上手く操作している感じを味わえます。

次の特徴は同じキャラクターでも「クイックスタイル」「ハードスタイル」と2パターンを選択でき、各スタイルごとに立ち回りが変わります。
クイックスタイルではボタンを連射する事で連続技が手軽に繋がる。
ハードスタイルでは連続技は繋がりにくい分、1つずつの攻撃が重い。
正確には細かい仕様の差がかなりありますが、こんなイメージであってると思われます。


逆に失敗してると感じたのは「既存の格闘ゲームの良い所を取り入れすぎた」事。
上記に書いてあるように格闘ゲームを普段遊ばない人でも遊びやすくする敷居の低さがある反面、意識してオンライン対戦で勝とうとした瞬間に覚える事が急激に増えます。
その為、一見すると簡単に見えたはずが敷居が一気に高くなるんです。
2D格闘ゲームに慣れた私ですら難しさを感じました。



次に最大の失敗点は「発売元の5pbの強みである、魅力あるキャラクターによるADVやストーリー性がほとんどなく、会話中の立ち絵すら手を抜いていた事」です。
このゲームでは私服と変身時の2パターンの衣装が存在するキャラクターや武器を持っていない場面があるにも関わらず、常に変身時で武器を装備した立ち絵しかない。
なおかつ豪華な声優陣を起用したにも関わらずADV要素がほとんど無いのは致命的に感じました。
「カオスヘッド」から参戦の梨深&「シュタインズゲート」から参戦の「紅莉栖」に至ってはストーリーモードすらありません。
格闘ゲームとしてもですが、個人的には魅力あるキャラクター同士のシナリオに期待していただけにマイナスと言わざるを得ない出来。
唯一の救いは「金朋」さんの熱演だけでした。


併せて辛かったのは実売数に比べて、オンライン接続人数が極端に少なかったこと。
格闘ゲームは同レベルの人とすぐにオンラインで遊べるのが最大の魅力と思うだけに人が少ないのはきついです。
更に酷かったのは「プレイヤーマッチが2人限定」な事。
昨今の格闘ゲームでは当たり前のように「プレイヤーマッチが6人かつ、対戦していない残り4人は対戦を観戦可能」なんです。
オンライン接続人数が少なくても、上記のポイントが抑えられていれば親しいフレンドとボイスチャットで話しながらプレイヤーマッチを遊べたと言うのに・・・・
実装の予定はある?もしくは既にされているのかもしれませんが、発売時に冷めてしまって以来遊んでいません。


ストーリーモードではストーリーが全く完結せず、続編が発売されるのは確実と思われます。
上記不満点が改善されていれば、特に「ADV要素」「オンライン周り」が改善されていれば数倍売れる可能性を秘めているタイトルだと思います。
格闘ゲームとしての最低限の水準は満たしているだけに、次回作では今作のノウハウを活かした良作に生まれ変わると嬉しい。
格闘ゲーム好きとしてはソフトラッシュと発売日が被らなければ次回作も買います。

 

2011,07,01 22:03Edit
 

近況2011年 6月下旬


360用「スーパーストリートファイター4AE」購入しました。
360用「車輪の国、向日葵の少女」購入しました。
NDS用「逆転検事2」購入しました。


「スーパーストリートファイターAE」
現時点ではある程度動けるように慣らして、細かい練習よりも対人戦をたくさん遊ぶ予定。
AEで仕様変更がありそうなので、それ次第で触りやすい新持ちキャラを開拓します。
息が長いゲームかつ、フレンドでの装着率が高いので、ちょっとした時に軽く遊べるのがこのソフトの強み。

「車輪の国、向日葵の少女」
体験版をプレイして一目ぼれ。
甘すぎる恋愛ゲームではなく、シリアスな展開というのが個人的にアリ。
気が向いたときに一気に読み勧めたいと思います。

「逆転検事2」
逆転シリーズ全作プレイ済なので前から気になってたタイトル。
寝る前の一時に少しずつ遊ぶ用途に。



○プレイ中のタイトル
「End of Eternity」
予想より歯ごたえがありすぎて、消化ペースが若干遅れ気味。
後数日でクリア予定です。

このゲーム、悪い意味でのJRPGじゃないです。
ストーリー重視のムービーゲーでは全く無いです。
戦闘システムは尖り過ぎて発売当初は理解するまで相当苦労していた人、多数。
PTメンバーの装備がおかしい。
1周目で手に入る銃は終盤でも数個。
まともに運用させる為には、銃の強化パーツを合成し、完成したパーツをパズルのように頭を悩ませて銃に取り付けていく必要あり。
このカスタマイズ、相当頭使います。

その他にも手ごたえを感じる要素が多々あり。
戦闘は細かい計算前提の瞬殺・瞬殺されるってくらいの緊張感。

JRPGはつまらない。戦闘が単調でムービーゲーばかりでしょ?ゲームを遊びたいんだよ!って骨太な方に是非遊んでいただきたい逸品です。



○クリアしたタイトル
「比翼連理のだーりん」

本編を損なわない&本編と違った切り口を両立できた良ファンディスクだと思います。
本編にハマッたなら即買いレベルでしょう。
あくまでもファンディスクなので本編以上を期待しすぎるとがっかりするかも、、

「ファントムブレイカー」
クリアというか、実績1000になりました。
何となく満足してしまったので、しばらくはスパ4AEメインかもです
 

2011,07,01 02:39Edit
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。