お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

【ゲーム紹介】紫影のソナーニル Refrain -what a beautiful memories-


20世紀初頭、西暦1907年。
私たちの知るものとは異なる時代、
私たちの知る物とは異なる歴史を歩んだそこには、無数の蒸気機関が充ちていた。

異常発達した蒸気文明が生み出す排煙は見る間に天を埋め尽くし、
人々から青空を奪い去った。

中でも、最も空が暗いとされる場所があった。
永劫に続く灰色雲と雨に覆われた廃墟、旧・重機関都市ニューヨーク

5年前に発生した≪大消失≫と呼ばれる原因不明の災害によって全土が廃墟と化したかつての摩天楼、合衆国政府によって完全封鎖され、現在では人影のひとつもないその都市へと、ひとりの女・エリシアが足を踏み入れる。
ひとつの目的を持って。
災害の中心地とされる旧マンハッタンへと向かって、女は静かに歩み始める。


一方で--


旧・重機関都市ニューヨークの"地下"とされる場所があった。
地上の誰ひとりとして、その存在を知る者はいない。

薄暗い紫の灯りに照らされる広大な地下空間。
そこには、5年前に消失した摩天楼の街並みが存在していた。
ただし、大いなる歪みを作って。

異形へと歪み、黒色と紫影に染められた、出口のないその地下世界
≪アンダーグラウンド・ニューヨーク≫には、消え去ったはずの人々が確かに存在していた。


そこへ、ひとりの少女・リリィが足を踏み入れる。
記憶の一切を持たずに。
リリィにとってわかっていることはひとつだけ。
理由はわからない。
何があるのか、誰がいるのか。
なぜ、そう自分が思うのかも。
それでも、たったひとつだけ。

「マンハッタン。紫影の空の果て」
「あそこに。あたしは、いいえ、あたしだけは、行かないといけない」

--少女は目指す。遥か彼方の紫影の塔を。
--想い遺した人々の儚い影に、触れ続けながら。
--涙を、我知らず流しながら。




説明書の冒頭にある部分を一部抜粋して紹介しました。
世界観を僅かにでも感じられれば、と。

Lair-softのアドベンチャーゲームシリーズである「スチームパンクシリーズ」に含まれる本作。
今回初めて知って触ったのですが、他のADVと違うと感じた所をいくつか。

見た目について
・いわゆるギャルゲー・乙女ゲーと思ってしまう男女主人公の見た目とは反し、骨太で濃厚なファンタジーである。
・作品を通してアートな世界感を感じる背景CGやイベントCG。

物語・読み物として
・ノベルゲー・紙芝居ゲーを連想しやすいジャンルですが、感じるのはライトではない「小説」
・おとぎ話の世界の様であり、写実的な世界の様である表現が独特。

声優・BGMの部分
・世界観を損なわず、細部まで計算された声優さんの演技。
 本作の特徴のひとつである「登場人物の心の機敏を大切にした」演技は音声をスキップするのがもったいなく感じるレベル。
・BGMはクラシックというかジャズのような雰囲気。

ゲームとして
・ただ読んで聴いて選択肢を選ぶだけではない、
「プレイヤーが物語を理解して選択する事」
「聴ける様々な音から推理して理解を深める事」
この要素により「考える事」が必要になってくるゲームデザイン。


上記の点以外にも多々ありますが、プレイ前の方に向けてということでこのあたりで。
「不思議な国のアリス」のような世界観を連想させる本作、物語に興味が出たなら間違いなく買いです。


よく聞く不満点としては
読む部分の表現に「繰り返す文章」を使われることがあり、ペースダウンや合わない人には読むことが苦痛になる事。
登場人物の音声は「会話部分」だけでなく「心理描写」にもあることによる、聴く時間が長いことでのテンポダウン。
が挙げられます。

私個人としては不満点が逆転。
文章を読み・バックログを読み返す事でより理解したくなりましたし、
音声を繰り返し聴くことで心理描写・世界観をより理解したくなりました。



上の方でも書いた通り、登場人物は男女ともに魅力的な外見のキャラクターが多いです。
ADVを指す言葉のひとつに「ギャルゲー」「乙女ゲー」という言葉がありますが、そういう区分けで言うならば、どちらでもありどちらでもない、です。
可愛いヒロインからは萌えは感じられるし、
かっこいい男性キャラクターからは同性からみてもかっこよさを感じられます。
とはいえ、本質は重厚な世界観・雰囲気を楽しむもの。
そんなわけで「どちらでもない」と感じました。


世界観、キャラクター、雰囲気にて興味を持った方は是非プレイしてください。
360版、PSP版、オリジナルのPC版とあります。
PC版から追加要素、終盤の再構成をしているとのことなので、360版・PSP版あたりで。
アートで高精細なグラフィック、リッチなBGMと声優さんの声をフルで楽しむなら、
360版の大きい画面・携帯機より大きいスピーカーでフルに楽しみたいところ。

個人的には360版をオススメします。
また、初回版には160ページある設定資料集&ゲーム本篇と追加要素間のストーリーを補完する小説が付属します。
得点冊子はソフトに封入するものではないので、購入時はお店の方に確認のうえ購入してください。
無くても大丈夫ですが、あったほうが間違いなく楽しめます。
冊子に含まれる小説についてはPC版の際に様々な形で公開されていましたが、現在は入手困難との事。


360・PSP版には体験版はありませんが、PC版には体験版があります。
雰囲気を掴むのにいいかな、と。
PC版サイトの画像ギャラリー部分にはネタバレ要素が含まれる為、閲覧しないのをオススメします。

→PC版公式サイト
※こちらのサイトには成人向けのコンテンツが含まれているため 18歳未満の方は入場できません。


余談ですが、発売元の株式会社ビジネスパートナーのXboxONE参入が先日発表されました。
参入=ソフトが発売されると確定しているわけでは無いのですが、これまでのスチームパンクシリーズを是非発売してほしいです。



 

スポンサーサイト
2014,03,27 23:51Edit
 

近況2014年 3下旬


○購入したタイトル
360用「LOLIPOP CHAINSAW PREMIUM EDOTION」
発表当時から興味があったタイトル。

VITA用「神咒神威神楽 曙之光」
Dies Iraeと共通した部分が多く実質続編と言われているタイトル。
Dies Iraeにハマったので購入。


○プレイ中のタイトル
「Fallout3」
全DLCを購入しながらもフリーズの多さで投げていたのを思い出したので西海。
DLC5つ目のコンテンツ以外はクリア済だったのでこちらのみが未クリア。
実績コンプを目指して少しずつ。

「ラブトレ~Mint~」
こちらも実績コンプを目指してプレイ中。
基本は前作のSweetと同じなので、新規要素の実績&前作でも苦労した全キャラのスタンプ実績が壁。
単純計算でも数十時間、体を動かす必要があるだけにじっくりと解除を狙います。
Bitterも購入済なのでラブトレ三部作の実績コンプリートが最終目標。

「LOLIPOP CHAINSAW」
最初のボスを倒した辺り。
作品のおバカなテイスト、いわゆる「須田ゲー」のアクションものは初プレイなので熱中しています。
熱中は出来るのですが、ボス直前で初見殺しの連発がありテンポが崩れています。
悪いところが見えるのは良い部分が目立つから。
こちらも実績コンプを狙いたいところですが他タイトルのプレイ状況を見つつ無理ない程度に解除します。

「神咒神威神楽 曙之光」
数時間プレイしたところ。
前作同様、独特な言い回しかつ勢いのあるバトルシーン、BGMが特徴的。
前作同様、表現がくどすぎてテンポダウンをしてしまう。
良くも悪くも作品の味。
欲を言うなら漢字にふりがなが欲しいです・・・



○クリアしたタイトル
「紫影のソナーニル Refrain」
こちらは別のエントリーにて。



PS4とVITAのリモートプレイが快適と聞いて興味が出てきました。
XBOX ONEが9月に発売が決まったのでONEを優先して買うことには変わりませんが。

EXPさんの360版「剣の街の異邦人」が6月に発売、VITA用「オペレーションアビス」が7月に発売、剣の街の異邦人がVITAでも発売、「オペレーションアビス2」はアビス1とそれほど間隔が空かずに発売予定と夏以降はEXPさんのDRPG漬けになりそうです。
XBOX ONEと合わせて楽しんでいきたいですね  

2014,03,27 23:51Edit
プロフィール

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。