お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

2014年まとめ


XBOX ONE国内発売やPS4国内発売など、次世代機ラッシュな一年でした。
全部買う余裕もなく、XBOX ONE&PlayStationVITA TV&PCを買った程度に収まっています。
 

【続きを読む】
スポンサーサイト
2014,12,31 20:49Edit
 

【ゲーム紹介】CHAOS;CHILD


CHAOS;HEAD、STAINS;GATE、ROBOTICS;NOTESに続く科学ADVシリーズ第4作。
XBOX ONEにて発売中です。

CHAOS;CHILD (通常版)CHAOS;CHILD (通常版)
(2014/12/18)
Xbox One

商品詳細を見る


第1作CHAOS;HEADの流れを汲む「妄想科学ADV」。
舞台はCHAOS;HEADで発生した連続猟奇殺人事件から6年、再び発生する連続猟奇殺人事件を主人公「宮代拓留」を部長とした「新聞部」が事件を追っていくという内容。
CHAOS;HEADのAAルートから6年後の渋谷です。

今作の最大の特徴は「妄想を科学するADV」の名の通り、拓留が「妄想する事によって分岐する」システム。
テキストタイプADVといえば、「選択肢を選択」することで分岐していくのが基本ですが、今作では目に見える選択肢が表示されるのではなく「妄想トリガー」という分岐システムで分岐します。
妄想トリガー選択時に「ポジティブ妄想」「ネガティブ妄想」「妄想しない」の3拓により分岐し、その場面での妄想の種類により直後のイベントが変化します。
例えば、
女の子が目の前にいる時にポジティブ妄想をすると、少しエッチだったりコミカルなシーンに変化。
ネガティブ妄想をすると、少し酷い展開になったり。
妄想をしない場合はイベントが変化せずに進行します。
CHAOS;HEADをプレイ済な方なら想像しやすいはず。

CHAOS;HEADでは「妄想トリガー」のみでしたが、CHAOS;CHILDでは「マッピングトリガー」というシステムも追加されています。
新聞部室内にある「渋谷マップ」に写真やメモ書きなどを「選択して貼り付けていく事で事件の真相を追う」システムです。
こちらは選択することで分岐するというよりも、「プレイヤーに選択させる(推理させる)事でストーリーへ感情移入しやすくする」ようなイメージ。
このシステムによって事件の真相を推理する拓留とプレイヤーのシンクロ率が上がります。
個人的にはCHAOS;CHILDへの没入度を上げるための良質なスパイスになりました。



また、CHAOS;HEADと比べると妄想時の「エッチな妄想」が激減しています。
主人公の宮代拓留は1作目の主人公西條拓己に比べると大幅に変態度が落ち着いていますので、遊ぶ上での敷居は落ちている印象。
拓留は「明るい性格な痛い人」
拓己は「暗い性格な痛い人」
といった印象をプレイ開始時には持つかなと。


CHAOS;HEADでは「ニュージェネレーションの狂気」と呼ばれる連続殺猟奇人事件に拓己が巻き込まれていくわけですが、CHAOS;CHILDでは新たなる連続猟奇殺人事件へ拓留が事件解決へ追っていく事になるのが大きな違い。
事件の見せ方も大きく異なり、CHAOS;HEADではインターネットやTVごしに事件と向き合う事が多かったのが、CHAOS;CHILDでは事件を追う過程の中で生で事件と向き合う事が多いのです。

その分、事件に遭遇した時の猟奇的な描写・恐怖・絶望感・残虐表現は段違いに上昇しています。


CHAOS;HEADでは拓己は一人暮らしな引き籠りとコミュニティが狭かったのですが、
CHAOS;CHILDでは「新聞部の部長」「小規模な施設である青葉寮」とコミュニティが広く、「友情」や「家族愛」といったヒューマンドラマな要素も増えています。
科学ADVシリーズではSTAINS;GATEの「未来ガジェット研究所」、ROBOTICS;NOTESの「ロボ部」がありましたが、そこを別の切り口で深化させたようなイメージです。


今作でのウリは
・ドキドキする展開を楽しめる熱中度の高いストーリー
・声優陣の熱演
・昭和世代には堪らない小ネタの数々
・マッピングトリガーにより「真相を推理する楽しみ」を手軽に味わえる事
・最新型の据え置きハードだから実現できた高解像度のグラフィック、
 高い処理能力によるシステム面の動作の軽快さによるストレスレスな体験
・実在する「力士シール」や実在する建造物が登場したり鮮度の高いネットスラングや時事ネタを豊富に交えたする事で得られる「2014年現在から見たリアルな近未来体験」
・これまでの科学ADV同様、他の科学ADVとのクロスオーバー
などなど・・
魅力は数えきれないくらいにあります。


上のほうにも書きましたが、「Z指定版のCHAOS;HEADを遥かに超える猟奇的な事件」は人を選ぶと思います。
CHAOS;CHILDの前にCHAOS;HEAD NOAH&CHAOS;HEADらぶChu☆Chu!を遊ぶと理解度が増して楽しめるかなと。


CHAOS;HEADを含む科学ADVファンなら間違いなく買いの一本。
2014年から2015年の早い時期に遊ぶ事で鮮度が高いネタを楽しみつつリアルな近未来体験を楽しめるはず。
科学ADVファンならば、XBOX ONEと一緒に買ってもいいかなと。


CHAOS;CHILD発売元のMAGES.からは2014年12月時点で「サイコパス」「ミステリートF」といったADVがXBOX ONEにて2015年に発売予定です。
科学ADVではありませんが、「事件を追っていくADV」としてはCHAOS;CHILD同様の魅力があるはずです。
CHAOS;CHILDしか遊ぶものがない!と悩むのでしたら、2015年以降も「大人向けなADV」が展開されるので、安心してXBOX ONEを購入できそう。


プレイ中やクリア後の多数のプレイヤーからたくさんの高評価な意見も多数聞かれるだけに、XBOX360での発売直後なSTAINS;GATEの時のような熱度を感じています。
ADVファンならば間違いなく楽しめるのでオススメです。
普段ADVを遊ばないプレイヤーの方にももちろんオススメ。
XBOX ONEにて体験版が配信中なので未体験な方は是非。  

2014,12,31 15:11Edit
 

近況2014年 12月下旬


○購入したタイトル
VITA用「カデンツァ フェルマータ アコルト:フォルテシモ」

 待ちに待ったバトルものなADV。
 詳細は専用エントリーにてどぞー

ONE用「CHAOS;CHILD」
 科学ADVシリーズ第4弾な本作。
 今ではADV漬けな日々をおくっていますが、10年以上ADVから離れていた私を引きもどしたのが第1弾「CHAOS;HEAD NOAH」
 思い入れがある「CHAOS;HEAD」のコンセプトを受け継ぐ新作ということで楽しみにしてました。

 CERO:Zとは一体何なのか?
 その答えがここにあります。
 
 私の中では科学ADVで最も感情移入ができてます。
 カオスヘッドでは「妄想トリガー」でのイベントがあまりにもフェチ要素が高かったなど、敷居は高かったかもしれません。
 今回は「萌え」よりも「シリアス」な要素の比率が上がっています。
 新聞部に所属する主人公が事件を追って推理していくという、ミステリーもの的な体験も出来ます。
 追う事件は連続猟奇殺人事件。
 感情移入度が高い状態での猟奇的な事件を主軸にしたサスペンスな展開は凄くハード。
 カオスヘッドを未プレイならば、そちらを先に遊ぶことをオススメします。
 カオスヘッドの続きな話ですし、カオスヘッドで発生した事件がストーリーに深く関わってきます。

ONE用「Peggle2」
 セールで安かったので購入。
 前作より更に過剰になった演出は見ていて楽しい。
 ジミーさんがDLCになってしまったのは残念・・・


○プレイ中のタイトル
「カデンツァ フェルマータ アコルト:フォルテシモ」

 カオチャ発売によりプレイ頻度は落ちていますが、年末にはクリアしたいところ。
 ネタバレがネタバレにならないという、珍しいタイプのADVです。
 少しでも興味がある方は体験版が配信されているので是非。
 VITA TVにパッチで対応されました。

「CHAOS;CHILD」
 現在、1周目+1ルートを終わったところ。
 まだまだ終わりが見えません。
 ボリュームは科学ADVの中でもトップクラス。
 1周した時点で28時間遊べました(シュタゲは全実績解除の時点で56時間くらいでした)
 面白いです。

「CHAOS;HEAD NOAH」
 カオチャ前の復習ということで、AAエンドを最初から最後までプレイ。
 合わせてセナルートもプレイ。
 発売からかなり時間が経っていますが、色あせない面白さ。
 360版の総プレイ時間が90時間になりました。
 PSP版を含めれば100時間は軽く超えています。

「FF14」
 ADVラッシュ中なのでお休みしてます。

○クリアしたタイトル
「アサシンクリード ユニティ」

 海外版発売後のさまざまなバグ報告により日本での発売日前にマイナスなイメージがついた本作。
 海外版でのバグ報告を元にした修正パッチが日本での発売前に配信されていたため、クリアまでの間に致命的な不具合には遭遇しませんでした。
 現在はその後に追加されたパッチで安定性は増していますし、モードが追加されたりと徐々に良くなっています。
 
 難易度はシリーズの中でも高め。
 体験できる遊びはアサシンらしい物に進化しています。
 前作の4にあった海戦は無くなっていたり、オンラインでは協力プレイがメインになっていたりします。
 よりアサシンらしく、といった印象。
 
 綺麗なグラフィックで観光気分を味わうためだけに買っても損はしません。
 難易度が高いので万人にはおすすめ出来ませんが、3以前のアサシンクリードが大好きな人には間違いなく合います。



遊びたいADVが12月に集中しているので、当分の間はADV漬け。
カオチャと同日に発売だった「グリザイアの楽園」も近いうちに遊びます。
年末年始のセールで何本か追加されるかもしれませんが、無理ない程度のペースで遊んでいきたいところ。

カデンツァ、カオチャ共に睡眠時間を削って遊びたくなるので、睡眠不足による体調不良が出てきています・・
自重しないとですね。

2015年4月にはオペレーション・アビスの続編、「オペレーション・バベル」が発売予定になっています。
オリジナルはPC版「ジェネレーションエクス・コードリアライズ」なわけですが、オリジナル版が手元にあるものの一度も遊べてなかったりします。
※オリジナル3部作を購入→PC版迷宮クロスブラッドを購入→360版円卓の生徒を購入→360版迷宮クロスブラッドを購入・・・と、遊ぶ機会を逃していました。
バベルでは新要素が多数追加されると予想されるだけに、発売後は集中して遊びたい。

1月発売のVITA版「剣の街の異邦人」は購入せず、360版で追加パッチ分を遊ぶ予定です。


 

2014,12,24 19:59Edit
 

【ゲーム紹介】カデンツァ フェルマータ アコルト:フォルテシモ 


「カデンツァ フェルマータ アコルト:フォルテシモ」が12月11日に発売されました。
PlayStationVITA専用です。PlayStationVITA TVでは遊べないのでご注意を。
12/24に配信されたパッチによりVITA TVに対応しました。
VITA内臓センサーを使った一部シーンの攻略は不可、センサーによるシーンを無視してもクリアは可能。

カデンツァ フェルマータ アコルト:フォルテシモ (限定版) (カデンツァ オーディオコレクション CD、 ペーパーオープナー、コスチュームチェンジプロダクトコード 同梱)カデンツァ フェルマータ アコルト:フォルテシモ (限定版) (カデンツァ オーディオコレクション CD、 ペーパーオープナー、コスチュームチェンジプロダクトコード 同梱)
(2014/12/11)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


ジャンルは超能力バトルADVといったところ。
ノベルタイプADVですが、バトル部分は読むだけでは攻略出来ずテキストを読みつつ戦闘している状況・相手の心理を把握して適切な行動を能動的に選択する「アクションゲームや格闘ゲームを遊んでいるかのような駆け引き」が楽しめるバトルを楽しめるのが最大の特徴。

PlayStationストアで「バトル体験版」「ストーリー体験版」が配信中です。
体験版を遊ぶまでもなく買うのを決めた!って人はバトル体験版のバトル部分だけを遊ぶのをオススメします。
バトル体験版のバトル部分に勝利した後に流れるストーリーダイジェストには少しのネタバレがあるとか。
ストーリー体験版も製品版を買うのなら遊ばずに製品版を買うとネタバレや先入観無しで楽しめそうです。


PC用ADVゲームとして発売された「フォルテシモシリーズ」の完全新作です。
新作ではあるものの、「フォルテシモシリーズ」を未プレイでも十分に楽しめるのが特徴。

■フォルテシモシリーズ一覧
fortissimo//Akkord:Bsusvier 2010年9月30日発売
  通称無印
fortissimo EXA//Akkord:Bsusvier 2011年3月31日発売 
  無印にイベントCG・イベント追加・演出追加・フルボイス化等。
  サクラルートのみ。
fortissimo EXS//Akkord:nächsten Phase 2012年6月29日発
  EXAに紅葉ルート・紗雪ルート追加、18禁要素の追加等。
fortissimo FA//Akkord:nachsten Phase 2013年12月20日発売
  EXSから18禁要素を省いたもの。新規ムービー追加。
※EXSのみ18禁。

「フォルテシモ」で起こった「最終戦争」が終結した数か月後を舞台にしているのですが、
「カデンツァ」の冒頭で「フォルテシモで起こった出来事や登場キャラクターの解説が自然に知る事が出来る」んです。

私は「カデンツァ」に興味を持った時点で「フォルテシモEXS」を購入して遊びました。
EXSはプレミア化しているので、今から遊ぶならFAから入ると遊びやすいかなと。
大まかな流れはEXAのサクラルートで掴めるので、EXAまででも十分です。

EXSではFAにない18禁要素(Hシーン)が追加されているものの、Hシーン最中の会話でストーリーに関わる重要な要素は基本的にありません。
EXSの中にも「Hシーンをスキップする機能」が実装されているくらいです。

Twitterを見ていると、カデンツァの前にフォルテシモを遊ばないとダメなの?というツイートを時々みます。
フォルテシモを遊び終えた私としては、フォルテシモを先に遊ぶのをオススメします。
フォルテシモ内での驚きを感じられたりカデンツァへの伏線(たぶんEXS,FAだけかもしれませんが)も張られています。

上でも書いた通り、フォルテシモで起こった事はカデンツァ序盤で語られますので、カデンツァからプレイ開始しても全然問題ありません。


ADVゲームとしては珍しいシステムが多々あります。
主人公が2人いて、プレイ中に2人の主人公の視点を瞬時に入れ替えて遊べたり、
バトルシステムが独特なシステムでアクションゲームや格闘ゲームでの駆け引きに近い事を体験出来たり。
文字で説明するのが困難なので、公式サイトを見てみてください。
→公式サイト

プレイ時間は恐らくは60時間~100時間。
時間が長い理由としては「バトルに勝つことが困難」だからです。
情報が出きった頃に攻略サイトを見ながら遊べば50時間程度でクリア出来るかもしれません。
今作はノベルタイプADVの主流である、テキストを読んで物語を楽しみつつ「選択肢」を選ぶ事で分岐するADVとは全く違います。
ゲームとしての仕掛けを理詰めで話すならば「選択肢」による分岐と大差ないのですが、今作ではテキストを読んで深く理解し「選択肢を選択するタイミング」を選択する事になるのです。
そこが難しくもあり、解けない人には相当きつい内容ではあるものの、今作を楽しむ上で外せない要素なのです。
攻略情報を遮断してクリアしてこそ、カデンツァを楽しみ尽せる遊び方なのでは?と思います。



見た目ではおおざっぱな意味ではギャルゲーや萌えゲーに見えるかもしれません。
遊べば解りますが、このゲームは燃えゲーです。
萌える要素は男女共にあり。
男性プレイヤー、女性プレイヤー共にお気に入りのキャラは必ず見つかると思いますので、
そういう意味では萌えゲーな要素もあります。
恋愛が主軸では無いシリアスなゲーム(ここは人によって感じ方は変わります)なので、恋愛ADVが苦手な私でもハマれました。
幼い女の子~大人な女性、幼い男の子~大人な男性まで幅広くカバーしています。
不思議と嫌いなキャラクターが居ません。



うちのブログを読んでいただいてる方には360ユーザーの方が多数いると思います。
360で言うところの「11eyes」にハマった方ならば間違いなく買いの一本。
11eyes好きならフォルテシモから遊ぶのをオススメします。

神話を題材にしたバトルもの、と言う意味では「fate」や「Dies irae」にハマった方にもオススメです。
特に「Dies irae」は設定は全然違うものの、必殺技的なもののネーミングが結構似てたりします。
同じ神話をモチーフにしているので当然ではありますが、解釈は全然違うので同じように楽しめます。

個人的にはこれまでで遊んだバトルADVの中では一番好みです。
読みやすく熱くなれるテキストの質の良さは一定水準は確実に満たしているので興味がある方はぜひ!

©2014 MAGES./5pb./La'cryma  

【続きを読む】
2014,12,12 13:38Edit
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。