お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

トラスティベル1週目クリア


エンディング含めて24時間でクリアしました。

甘口な評価でありますが、終始楽しめて短時間で濃く遊べたと言った所です。
P3を130時間でクリアした後にプレイしたRPGでしたが、充実感は同じくらい。
プレイ時間の長さから来るボリューム=楽しさ では無いですね。


Xbox360ではオンライン対戦ゲームが多く、それによるコミュニケーションの楽しさが魅力です。
対戦ゲームに熱中するユーザーが多い反面、それ以外のゲームをプレイする時間が作りにくいと思います。

その点を考えると、短時間でここまで満足させてくれる作りになってるのはハードに合ったゲーム作りをしていると言えるでしょう。

密度が濃い内容からか、セーブポイントが多いのも特徴です。
セーブする間隔が10分以下なのがほとんどです。
それでもセーブを毎回してしまうのは、内容が濃い戦闘で集中力をある程度求められるのでやり直しするのが面倒と感じるからなんですよね。
そこの心理を考えているのかは分かりませんが、セーブポイントが多すぎるってのは好印象です。

セーブポイントが多い事の他のメリットとしては、RPGをプレイ中にフレンドから対戦ゲームに誘われたり、突然の外出が出たり等、「セーブするまで待って欲しい!」って時間が短縮される事にも繋がります。
この点はフレンド同士での対戦会等、コミュニケーションが盛んな外国でも評価されると思われます。

ちなみにこういったプレイ時間に対するカジュアルなシステムはNintendoDSのRPGやSRPG等ではほぼ必須と言っていいくらいに実装されている機能です。
「どこでもプレイできて、いつでもセーブできる」
さすがにXbox360はどこでもプレイは出来ませんが、いつでもセーブできるに近い状態まで持っていけたのは評価できます。

どうでも良い様な所ですが、こういった所に日本人らしいゲーム作りが出ており、その丁寧さが海外でも評価されるくらいのクオリティに繋がったのでしょう。


某雑誌ではチュートリアルにも力を入れて、プレイヤーの遊びやすさを考えたと言った記事がありましたが凄い丁寧なチュートリアルでした。
チュートリアルの台詞にも声が入っているのは初期のころから丁寧に作ろうとしていたからだそうです。


移動する操作すら喋りながら説明してくれます。



ちなみに1週目クリアでは実績1000中,100ちょっとくらいしか解除されません。
解除方法はシステムからいくつか想像出来ますが、それを探すのも楽しめそう。
やり込む=作業プレイにならないような実績に期待です。
ブルードラゴンでは「お金ためる」「LvMAX」等、どうしても作業になりがちな実績があり、解除する気にすらなりませんでしたから。


■プレイしての総評
1週目の為、半分くらいしか遊べてないかもしれませんが感想でも。

■いい部分
・戦闘システムが楽しい
・キャラクターの作りこみによる表情の変化+声優の演技がこれまでのゲームとは別格の演出効果になってる
・プレイしやすいシステム
・ショパン周りの演出

■わるい部分
・キャラクターの扱いに差がありすぎる
・ストーリーを重視する反面、各キャラクターの存在が薄く感じる
・やり残した事をやり直しにくい(ネタばれになるので具体的には書きません)

■まとめ
キャラクターデザイン、CM等の動画を見て興味を持ったなら買いです。
受け付けない人には無理なゲームかもしれません。

ショパンの曲の扱いが想像以上にでかいです。
ショパンファンである程度ゲームがプレイ出来る人にもいいかもしれません。
10年以上前に聴いた名前も知らなかった心に残っている曲がショパンの曲だと知った時は言いようの無い感動がありました。
その曲への演出も素晴らしいですし。

全編を通しての絵画の様な柔らかい雰囲気も素晴らしい。
公式サイトにあるイメージイラストがプレイ画面になるのですから、イメージイラストの世界観が好みならプレイも一味違うと思われます。

個人的にはブルードラゴンよりも遥かに上です。
ブルードラゴンも良作なのですが、これをプレイしてしまうと・・・。



ちなみに1週目はかなりぬるい難易度です。
1週目をプレイして得た「知識や操作に対する慣れ」を生かすのが前提なのが2週目であり、現時点では分からないけど1週目よりも何らかの追加要素がありそうです。
恐らくはかなりの大掛かりなものと断言できますが、その理由はネタばれになるので紹介しません。


※余談※
終盤に手に入る某右手・左手は最後に手に入る方が弱いです。
数回の検証ですが、
・15hit / 約25000ダメージ
・23hit / 約35000ダメージ
このゲームでも手数の多さ > 攻撃力なのが分かりました。
雑魚相手なので、ボス級になると変わるのかもしれませんが。


【追記】
2週目の2章をプレイ中なのですが、戦闘がシビアですねー。
攻撃を防御出来ないとかなりの痛手になる為、回復アイテムの使用頻度がかなり上がります。
1週目の時は終盤のボス戦でしか使わなかったのが、雑魚ですら回復アイテムを使ってます。
やり応えがあって丁度良い難易度に思えるので、まだまだ遊べそう。

ちなみに発売当日限定?だったのかもしれませんが、Xbox公式サイトをトラスティベルがジャックしてしました。
見逃した方も居そうなので画像をはっておきます。


画像右下の方に森本レオ氏のインタビューについてありますが、ナレーションの扱いは微妙でした。
ナレーションの素材は良いと思うのですが、長すぎる為、くどく感じる部分もあったり。

ネタばれになるので具体的には書きませんが、ショパンの曲の様にピンポイントで使うとかナレーションを使うタイミングを考えて欲しかった。

絵本のような世界の導入としては効果的だったので、ナレーション自体は好きなんですけどね。

【更に追記】
上の方で書いてる「10年前くらいに聴いた名曲」は幻想即興曲です。
どこで聴いたのかって話になりますが、セガサターン初期の「ワンチャイ・コネクション」ってゲームの終盤だったのを思い出しました。

1994年11月22日発売。

お金を貯めて購入したサターンの中でも唯一難しすぎて攻略を断念したソフトで、先に進めない所で流れてたのが幻想即興曲なんですよね。
ある意味、トラウマです。

今思うと、何でこのソフトを発売日に購入したのか不思議でしょうがない。
スポンサーサイト
 

2007,06,19 19:03Edit
コメント
同じ感じですねー
主力のLvと他の差が5Lvくらい開いたら主力以外で遊んでます。
ビート君だけはキャラ的に合わないので一人だけ低Lvですがw

キャラごとの特徴もそれなりにあるし、戦闘自体が楽しいのがいいですよね。
エコー、ハーモニーチェーン、通常攻撃と必殺技発動のタイミング等、爽快感がありますし。

発表当時は完全に合わないRPGだなーと思っていただけに、思わぬ所で良作に出会えてうれしい限りであります。
six #-|URL|2007,06,19 23:19|[edit]
ぬるい中にどっぷり浸かってLV上げに狂奔している俺ガイル。まだ1周目終盤。どれぐらい上げているかというと、最初の行動で敵全滅させられるぐらいになるまでそこから進まないというほど(笑

これほど熱中したRPGは久しぶり。
おでん #cMcEE0to|URL|2007,06,19 21:59|[edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL:
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。