お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

End of Eternityクリア


発売からかなりの時間が経ってからのプレイですが、かなり熱中できました。
ぱっと見は美男子・美少女が出てくるJRPGに見えますが、発売前の体験版を遊んでみたら「戦闘が難しすぎて」購入を見送っていたタイトルです。

そんな私が何故購入したのか?
きっかけはTwitterフレンドによるオススメだったわけですが、「改めて腰を据えてゲームの情報を意識して集める」事により、これなら遊べると確信したからです。


発売元のSEGAでも十分その点は認識しており、公式サイトにて「戦闘システムQ&A」を動画付きで紹介されています。
→公式サイトQ&Aへのリンク
正直、慣れるまでは相当苦労します。
ゲーム内でも勿論紹介されていますが、動画を併用する事で理解度が全然違います。

コマンドを選択するだけの簡単なRPGではありません。
時間の流れ、エネミーの動き、誰がターゲットされているのか?
その辺りを計算しつつ戦闘を有利に進めないと勝てません。
慣れれば一気になれるので、慣れた瞬間に来る「直観的なすっきり感・爽快感」が楽しめるのはこのタイトルならでは。
JRPGなんてただのキャラゲーだよね。って思っている方に是非遊んで頂きたいです。
また、プレイ動画を見るだけではこの爽快感は伝わらないと思います。
廉価版も発売されているので興味をもたれたら是非手にとって頂きたい良作です。


このタイトルの最大の特徴は上記に挙げた難しすぎる戦闘システムです。
逆にJRPGにありがちな「ストーリー主導」「ムービーばかりでストーリーが進行する」には該当しないので、ストーリーをメインで楽しむ方には正直オススメ出来ません。
ストーリー・世界観はもちろんしっかりありますが、ゲーム内で語られるのは3割程度。
キャラクターの感情も含めて「プレイヤーの想像力・考察力」が試されるかもしれません。
戦闘特化で尖りに尖っています。
そういう意味でJRPGとは別のある意味では新ジャンルと言える位の実験作だと思います。



戦闘は魅力的ですが、キャラクターの人間性も非常に楽しめました。
美男子・美少女に見えて抵抗を感じる方もいると思います。
実際にゲームをプレイすると主人公全員が「等身大の良い意味で格好の悪い人間」なのが分かります。


あまりにも尖ったタイトルの為、賛否両論かつ体験版でつまづく人も多いと多いと思います。
その壁を越えた瞬間の気持ちよさは格別なので、思考型の戦闘があるRPGに飢えている方にはオススメ。
私的には豊富すぎる衣装をキャラクターに着せ替えして楽しんだりと色々と寄り道をしながら遊べたりと、既存のRPGでは考えにくい楽しさが詰まった良作でした。
スポンサーサイト
 

2011,07,13 21:28Edit
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL:
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。