お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

ルートダブル√7 実績1000取得


ストーリークリアしました。
これから始める方はAルートからプレイしてAルートグッドを見てからBルートを遊ぶのを個人的にはオススメします。

1度のプレイでは全てのシーンを見れなかったので自力で頑張っていましたが・・・
分岐が多すぎて途中から攻略サイトにて情報収集。
それでも実績1000に到達しない(既読率100%実績)ので、最後の数シーンの既読率100%はかなり苦労しました。
初回プレイ時で既読率85%くらい。
実績1000解除時でのプレイ時間は65時間。


既読率実績については枝分かれした先からフローチャートを手書きメモで書いたりとしていましたが・・
それだけでは埋まりません。
シーン毎の既読率を100%にしたい場合、埋まりにくい物は大抵そこまでの好感度による分岐でイベントを見ているor該当シーン前の好感度で変わります。
分岐率は100%実績が無かったのだけが救いです・・


感想はネタばれを含んでしまうので下の方にスクロールすると見える様に書いています。  




























































まずは360プレイヤーなら気になる実績について。

クリア時点でプレイ時間48時間。
じっくり読む方なので恐らく遅いです。

実績1000解除時点のプレイログ。
20120629_1.jpg
メッセージ既読率100%の実績がとにかくきつい・・。
グッドエンディング後はスキップを使用して未読テキスト探しをしていましたが、10時間スキップし続けても90%辺りで止まってしまっているので攻略サイトのフローチャートを使って95%くらいに。
残り5%はシーンを一つ一つつぶしつつ、該当シーンに到達するのに攻略サイトを参考にしつつシーン内部のテキストに関係しそうなキャラクターの好感度をシーン到達条件を満たしつつ色々調整したり。
手書きのメモを大量に書いてようやく実績解除。

効率よく実績解除するなら、プレイ開始15時間辺りから攻略サイトを見てABルートを埋めてから続きを遊ぶと楽そうです。
実績1000までを初回プレイから最短でとるなら最初から攻略サイトを見るのがオススメ。
スキップ時は必然的に手動でのスキップを使わなければいけない事、手動スキップを使用しても数時間単位で未読テキスト探しをする必要があるからです。

分岐が分かりにくい&分岐の枝分かれが多く条件を満たさないと見れないシーンが多いので、心が折れそうになったら攻略サイトを参考にするのがオススメです。
グッドエンドは自力で観れましたが、条件を満たさないと見れないシーンは初回プレイ時では見れませんでした。




実績を意識した途端に頭を使ったプレイを求められる本作ですが、意識しすぎてゲーム自体の楽しさを忘れそうになるのが勿体ないなぁと。
実績についてはここまで。


体験版プレイ時にAルートについて色々考察を書きましたが、見事に外れて安心。
プレイ順は体験版を10数時間→初回限定版付属ドラマCD→製品版Aルートグッド→製品版Bルート・・・と遊びました。

全体を見ての感想は初回限定版の豪華さ、ゲーム本編の熱中度共に近年のADVでトップクラスと間違いなく言えます。
それを踏まえた上でマイナス面を含めたかなり辛目の感想になります。

プレイスタイルは常にBAD目指してのプレイ。
初回プレイ時から全分岐を埋めようとプレイしていました。
Aルートは体験版の時点でグッド・一部のBADを除くほとんどのエンディングを見ていたので、まずは体験版で得た知識のおさらい。
プレイ前に体験版での考察を一通り読み返しました。

まず目に付いたのはプロローグ。
何度も遊んでいましたが、ドラマCDを聴いた後&何度も体験版を遊んでいた経験から「音声」「目に見える景色」の狙っている違和感にすぐ気づきました。
シリウスの面々が台詞を言う時に見えている景色は意識的にずらされている事に気づいて痺れました。

体験版クリア後に長い間クリアしていなかったEver17をクリアしていた事もあって、一人称の表現の違和感にも色々気づけました。
この手の仕掛けは999でも見ていましたが、新鮮です。


Aルートの熱気を帯びたまま、Bルートへ。
好きな声優さんですが「ましろ」の声はどうしても他作品を意識してしまいます。
序盤は平和すぎて殺伐としたAルートに比べると個人的にはダレました。
とは言え、Aルートの謎が次々と解けていく様は爽快感があります。
Bルートの平和感があるからこその、Aルートであってその続きが活きるわけです。


ネタばれ宣言してるので続きのCルートについて。
A&Bルートの答え合わせ的な存在ですが、Aルートエンド直後からの熱い導入部分から一気に楽しさが加速します。
Cルート前にA&Bルートのほとんどのエンディングを探して自力で出来る範囲の知識を備えた上でのプレイだったので答え合わせが楽しい。


最終になるDルート。
Dルート予告ラストにチラっと見えるN部屋のあの物体。
見た瞬間にフラッシュバック時のアレだと分かりましたが、背景としてあの物体が見えた瞬間は凄まじい嫌悪感を感じました。
知ってはいけないナニカを一瞬で連想させられて、いつ来るのか?とドキドキしました。

途中でNさんがお亡くなりになっていると分かるわけですが、実績解除で改めてNさん没と分かるまで生存しているとずっと信じていました。
リフト前から姿を消していますしね・・・。
カラクリが分かるまで怯えてました。
ホラーですよね。

後半でのRAMは作品として必要性を感じるのは分かるけど、さすがに何度も見るのはダレました。
ストーリー上での唯一の不満点です。
全体を通して疾走感があるだけに、目に見えて足止めをされている気がしました。


初回プレイ時には追加エピソードを一つも見ていなかった事。
Aルートの特定キャラ好感度が高い時にしか見れないイベントを一つも見ていなかった(BAD狙いで好感度が低かった)。
ここら辺を見ていないせいで初回時はグッドエンド時に語られるいくつかの点が「前置きが無いのに何でそうなっているのか?」「あのキャラのその後が全然見えない」等、消化不良。

全てを見た後にはスッキリ出来ました。
ほとんどの謎要素をしっかり納得がいく形で回収されているのは、この手の作品にしては珍しいです。
説得力があって満足できました。


体験版の時に比べてあっさりとした感想になりましたが・・・
納得いく形で疑問点が解消されてエンディングで閉められているので、書く事があまり無いってのが大きい。
マイナス面ばかり書いているのは、全体を通して良作だからこそです。


最後に・・
「原子力発電所」を舞台にしたまま真正面から原子力問題にぶつかっていったメーカー様に感謝。
震災前の時点で設定等は完成していたと思われますが、方向性を変えずに信念を持って作品を完成させて頂けて1プレイヤーとして感動しました。
今後も新作を楽しみにしています。
スポンサーサイト

2012,06,29 16:33Edit
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL:
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。