お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

2014年まとめ


XBOX ONE国内発売やPS4国内発売など、次世代機ラッシュな一年でした。
全部買う余裕もなく、XBOX ONE&PlayStationVITA TV&PCを買った程度に収まっています。
 

■Xbox ONE (11タイトル)
・Titanfall (dayone同梱)
・Kinect スポーツ ライバルズ (dayone同梱)
・Dance Central: Spotlight (dayone同梱)
・Dead Rising3
・Ryse: Son of Rome レジェンダリー エディション
・D4
・アサシンクリード4 ブラックフラッグ
・アサシンクリード ユニティ
・Peggle2
・カラオケDAM
・CHAOS;CHILD
・SUNSET OVER DRIVE

■Xbox 360 (15タイトル)
・Fallout NewVegus
・ALICE MADNESS RETURNS
・WLO
・デッドフォールアドベンチャー
・ラブ☆トレ~Mint~
・ラブ☆トレ~Bitter~
・Deus Ex
・PhantomBreaker BattleGrounds
・紫影のソナーニルRefrain
・トロピコ4
・LOLIPOP CHAINSAW PREMIUM EDOTION
・バレットソウル・インフィニットバースト限定版
・剣の街の異邦人
・CLANNAD
・CHAOS;HEAD NOAH初回限定版

■PlayStation VITA (11タイトル)
・& -空の向こうで咲きますように-
・真かまいたちの夜
・神咒神威神楽 曙之光
・第三次スーパーロボット大戦Z 時獄篇
・ソードアート・オンライン-ホロウ・フラグメント-
・コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー
・コープスパーティー Book of Shadows
・ルートダブル Before Crime*After Days Xtend edition
・東京新世録オペレーションアビス
・グリザイアの迷宮
・Kadenz fermata//Akkord:fortissimo

■PlayStation3 (2タイトル)
・ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラス―プレックスホールド
・FINAL FANTASY XIV:新生エオルゼア

■Wii (1タイトル)
・ドラゴンクエストI・II・III

■WindowPC (6タイトル)
・G線上の魔王
・Dies Irae AA
・fortissimo EXS//Akkord:nachsten Phase
・PRETTYxCATION
・放課後の不適合者
・ディグラシアの羅針盤

の合計47タイトル。
ADVが19本と更にADVに浸かった一年。
WindowsPCを買いなおした事で未プレイなADVをたくさん遊べました。

では、今年もいくつかのタイトルをピックアップ。


★ベスト臨場感
「RYSE」

2014年末時点でのXBOX ONEの中でもトップクラスの映像表現によるグラフィックの美麗さは空気感まで感じるレベルでの美しさ。
ゲームでありながら映画にかなり近づいた映像美です。

軍団兵に指揮をするアクションは戦場のリアルさを体験出来ます。
普段のアクションも迫力があり、QTEはあるもののアクションの中に自然に取り入れられています。

XBOX ONEユーザーでアクションに抵抗が無いならマストバイと言えます。
Z指定のギリギリを追及した残虐表現も必見。

★ベストリアリティ
「CHAOS;CHILD」

発売時の2014年の渋谷をリアルに感じられる鮮度が高い各種小ネタ・ネットスラング等や、実在する建造物をモチーフにした場所が多数あります。
例えるなら「龍が如く」の新宿みたいなものでしょうか。
現在だけでなく過去の実在する小ネタのパロディ(ホットドッグプレスなど)も現実感を増すスパイス。
渋谷に実際に貼ってある「力士シール」といった題材も都市伝説的な側面から攻めてきます。

ADVで気になる部分の一つである「キャラクターの私服のデザイン」もリアリティのある今風なデザインなのは好印象。
これでキャラクターの髪の色がより実在しそうな色ならば更にリアリティが増しますが、それをやってしまうと黒髪・茶髪・金髪が限度なので仕方がないかもしれません。

現実感があるからこそ、より物語に引き込まれると感じる一本。

★ベスト爽快感
「Dead Rising 3」

XBOX ONEを買うきっかけになった一本。

オープンワールドなゾンビアクションゲームとして有名なシリーズの最新作。
1,2の時にあったエリアチェンジの際の長すぎるロード時間から解放され、2までの良い部分を更に進化させたアクション体験は「時間を気にしながら効率を計算しながら遊ぶゲーム」から「時間を気にせずやりたい事をやり続けれる爽快感が増したゲーム」に変化。

細かいことを考えずにストレス解消をしたい時にオススメ。

★ベスト泣きゲー
「Dies Irae AA」

独特な言い回しのシナリオが良く言えば独特な世界観を演出、悪く言えば解りにくく難解な単語の連発になります。
また燃えるバトル物としても有名です。
神話を元にした超能力バトル物、熱くせつなくなるシナリオは後半になると涙腺が緩みっぱなしに。

PSP版、Windows版のAAが最新版。
ボリュームも相当ありますし、ハマれば感動出来る一本。
オススメです。

★ベストソロゲー
「東京新世録オペレーションアビス」

当ブログではお馴染みのエクスペリエンスの1作目&2作目のWindows版をリメイクしたダンジョンRPG。
DRPG入門としても優秀で、低難易度~DRPGハードユーザーに応える最高難易度と幅広い層が楽しめるのも素晴らしい。
難易度によるゲームレベルデザインが絶妙な為、挑戦する喜びといったTVゲームの本質をじっくり味わえるはず。

★ベスト協力プレー
「該当なし」

協力プレイをほとんど遊べていない一年なので除外します。
敢えて挙げるなら、アサシンクリード4の「船団」にてフレンドとの相互支援が出来るあたり。
同時にオンラインに接続していなくても手軽に協力感を味わえるのはうれしかった。

★ベスト対戦ゲー
「該当なし」

対戦をすることがない一年でした。

★ベストシステム
「Kadenz fermata//Akkord:fortissimo」

「基本は読んで選択する」ものを「考えて自分の好きなタイミングで技を選択する事でバトルシーンで戦う」という、テキストタイプADVの一歩先へ進んだ「カデンツァ」は遊んでいてすごく楽しいです。

1つのバトルシーンでの負け方ひとつを取っても数が多すぎて把握しきれないくらいに「技を使うタイミングを決断した後のレスポンス」が豊富。
攻略情報を見れば答えは簡単に見つかると思いますが、攻略情報に頼らないプレイをすれば格闘ゲームの対人戦を遊ぶかのような読み合いでのバトルを楽しめます。

プレイヤーが能動的に選択する事で分岐するのは既存のADVでは滅多に経験出来ない体験を味わえます。


★ベスト出すの早すぎ
「アサシンクリード ユニティ」

国内発売の時点で不具合修正パッチが2回来ていると見切り発車な印象をどうしても受けてしまいます。
とは言え、国内版の発売日にパッチを当てればほとんど不具合に遭遇せずに最後まで遊ぶ事も可能。
現在では更なるパッチにより不具合の修正、動作の安定化、追加モードの実装と改善が続いています。
ゲーム自体は非常に素晴らしい出来なので次回作以降も楽しみにしたいなと。

★ベスト勿体無さすぎ
「ラブ☆トレ~Mint~」

Xbox360のKinectセンサーでは感度が厳しくてもったいないです。
ゲーム自体は今まで遊んだモーションセンサー物でもトップクラスの楽しさです。
XBOX ONEで感度が上がったKinectにて遊んでみたい・・・

---------------------------------------------------------------
★ベスト Xboxアプリ
「カラオケDAM」

コストパフォーマンスが最高に良いアプリ。
カラオケが歌える環境ならば間違いなく価格以上の体験が出来ます。

精密採点ONEによりカラオケ番組の採点合戦みたいな番組と同様の楽しみ方が出来ます。


★ベスト RPG
「東京新世録オペレーションアビス」

開発会社のエクスペリエンスの1作目&2作目にあたるWindows版「ジェネレーションエクスCH&CB」のリメイク作品。
現代風に最適化されたレベルデザインは基本はオリジナル版に基づくものの、オリジナル版に比べて遊びやすくなっています。
「迷宮クロスブラッド」をプレイしたことのあるプレイヤーならば直ぐに慣れれるものの、EXP製のDRPGを初めて触る方やDRPG初心者には攻略するための文法を覚えるまでに一苦労します。
オリジナル版の良さを活かすには個人的にはこれ以上難易度を下げるのは難しいと思うので、独特なシステムをより解りやすく解説してくれる導入部があれば入口の敷居が下がるかなと。
最初の入口でつまづく人も多いと思われますが、そこを越えれば病みつきになる中毒性が高いゲーム体験が出来ます。
3DCGバリバリな最新のRPGも勿論面白いのですが、繰り返し遊べること・やり込みをしやすいのが嬉しい。

「デモンゲイズ」に続いてメインキャラクターデザインはクロサワテツ氏、キャラクターポートレートは沖史慈 宴氏による可愛らしさとカッコよさが同居したデザイン。

VITA TVにも対応していますので、外でプレイしないのならばVITA TVのHDMI出力にてプレイがオススメ。
「デモンゲイズ」と違い、発売前の時点でVITA TVが発売されていたので、VITA TVを意識した高解像度なグラフィック・フォントの美しさです。

★ベスト ACTION
「アサシンクリード4 ブラックフラッグ」

シリーズが続くにつれてマンネリ気味なアサシンクリードシリーズですが、4はアサシンクリードの皮を被った「海賊なりきりゲーム」です。
実在した有名海賊も多数登場しますし、ステルスというよりも海賊になりきって海賊船を操り海の上で軍艦や商船を襲うのがメイン。
主人公のエドワード・ケンウェイはひたすら人間くさく、欲望に忠実。
それ故にカッコいい。

適度な難易度と豊富すぎる遊べるコンテンツの多さは遊びつくすのが難しいという嬉しい悲鳴が出てしまいます。
アサシンクリードシリーズにおいて異色中の異色。
アクションゲームとしての楽しさも成熟しているだけに万人にオススメなアクションゲームです。

★ベストシナリオ
「fortissimo EXS//Akkord:nachsten Phase」

読みやすく解りやすいテキストのは当たり前の様でなかなか無いんです。
厨二病全開なバトル物とよく言われますが、バトル以外の部分も面白い。
バトルロワイヤルの様なデスゲームであり、熱く燃えれるバトルものでもあります。
EXSは18禁&プレミア化しているので、全年齢版のFAでも大丈夫です。
18禁要素が省かれていてもストーリーの楽しさは全く変わりません。

元々完成度が高かったメインシナリオの「サクラルート」に加えて「紅葉ルート」「紗雪ルート」が追加されていたりとボリューム・質ともに高いです。

難しいことを考えずにバトル物を熱中して遊びたい時にオススメな一本。

★ベストアドベンチャー
「CHAOS;CHILD」

読みやすく没入度が高いテキスト、恐怖を煽るBGM・SE・CGの絶妙なマッチング、「読んで選択する」だけという仕組みながらも「考えて選択する」事へ昇華している推理を楽しむことが出来るシステムなど・・
ノベルタイプADVとして基本に忠実ながらも、物語の良さが際立つタイトルでした。

科学ADVシリーズの中でも尖りに尖ったシナリオなので、好き嫌いは別れそうですが私の中では科学ADVシリーズで最もお気に入りな一本になりました。
推理や考察を楽しむ余地のバランスが絶妙です。

この面白さ・・・どうなっているんだ、クールキャット!


シナリオとしての熱さでいうなら、旧作ですが「Dies irae AA」や「フォルテシモEXS」、「G線上の魔王」とハイレベルなADVをたくさん遊べた一年です。


---------------------------------------------------------------

2014年ワタシ的 ゲームアワードは、
「CHAOS;CHILD」です。

ADVを再度プレイしハマるきっかけを作ってくれた「CHAOS;HEAD NOAH」の流れを汲む正統な続編といえる内容。
それだけに事前の期待度も高かったのですが、見事にそれを上回っています。
人によって賛否両論はあるシナリオもあると思いますが、私としては終始楽しめました。
イベントCGで写実的な表現が多く、該当シーンへの臨場感・見せ方での説得力も増しています。

感情移入しやすく心を揺さぶるストーリーは私の心に響きました。
欲を言えばファンディスク等で更にこの世界に浸りたいところ。
メディアミックス等に期待したいです。


今年のベスト5。
1位:CHAOS;CHILD
2位:Dead Rising 3
3位:fortissimo EXS//Akkord:nachsten Phase& Kadenz fermata//Akkord:fortissimo
4位:東京新世録オペレーションアビス
5位:カラオケDAM

ランキングには入っていませんが、ソードアートオンラインはMMORPGを意識したARPGで楽しめました。
遊ぶハードはPS VITA&XBOX ONEへ移行しつつあります。
ある意味両極端なハードですが、それ故に棲み分けと共存出来ています。
近年ではADVのプレイ頻度が上がっていますが、来年以降も同じくADV漬けになりそうな予感。
メインはXBOX ONEにて最新のゲーム体験をしつつ、ハード問わずに遊びたいADVを遊んでいきたい。

現状では国内でのXBOX ONEは寂しい状況が続いているので、MSの頑張りに期待したいところ。
PS側も色々と良くないニュースが続いているだけに頑張ってほしい。
ゲームを遊ぶならゲームハードで遊びたいものです。
スポンサーサイト

2014,12,31 20:49Edit
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL:
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。