お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

【ゲーム紹介】CHAOS;CHILD


CHAOS;HEAD、STAINS;GATE、ROBOTICS;NOTESに続く科学ADVシリーズ第4作。
XBOX ONEにて発売中です。

CHAOS;CHILD (通常版)CHAOS;CHILD (通常版)
(2014/12/18)
Xbox One

商品詳細を見る


第1作CHAOS;HEADの流れを汲む「妄想科学ADV」。
舞台はCHAOS;HEADで発生した連続猟奇殺人事件から6年、再び発生する連続猟奇殺人事件を主人公「宮代拓留」を部長とした「新聞部」が事件を追っていくという内容。
CHAOS;HEADのAAルートから6年後の渋谷です。

今作の最大の特徴は「妄想を科学するADV」の名の通り、拓留が「妄想する事によって分岐する」システム。
テキストタイプADVといえば、「選択肢を選択」することで分岐していくのが基本ですが、今作では目に見える選択肢が表示されるのではなく「妄想トリガー」という分岐システムで分岐します。
妄想トリガー選択時に「ポジティブ妄想」「ネガティブ妄想」「妄想しない」の3拓により分岐し、その場面での妄想の種類により直後のイベントが変化します。
例えば、
女の子が目の前にいる時にポジティブ妄想をすると、少しエッチだったりコミカルなシーンに変化。
ネガティブ妄想をすると、少し酷い展開になったり。
妄想をしない場合はイベントが変化せずに進行します。
CHAOS;HEADをプレイ済な方なら想像しやすいはず。

CHAOS;HEADでは「妄想トリガー」のみでしたが、CHAOS;CHILDでは「マッピングトリガー」というシステムも追加されています。
新聞部室内にある「渋谷マップ」に写真やメモ書きなどを「選択して貼り付けていく事で事件の真相を追う」システムです。
こちらは選択することで分岐するというよりも、「プレイヤーに選択させる(推理させる)事でストーリーへ感情移入しやすくする」ようなイメージ。
このシステムによって事件の真相を推理する拓留とプレイヤーのシンクロ率が上がります。
個人的にはCHAOS;CHILDへの没入度を上げるための良質なスパイスになりました。



また、CHAOS;HEADと比べると妄想時の「エッチな妄想」が激減しています。
主人公の宮代拓留は1作目の主人公西條拓己に比べると大幅に変態度が落ち着いていますので、遊ぶ上での敷居は落ちている印象。
拓留は「明るい性格な痛い人」
拓己は「暗い性格な痛い人」
といった印象をプレイ開始時には持つかなと。


CHAOS;HEADでは「ニュージェネレーションの狂気」と呼ばれる連続殺猟奇人事件に拓己が巻き込まれていくわけですが、CHAOS;CHILDでは新たなる連続猟奇殺人事件へ拓留が事件解決へ追っていく事になるのが大きな違い。
事件の見せ方も大きく異なり、CHAOS;HEADではインターネットやTVごしに事件と向き合う事が多かったのが、CHAOS;CHILDでは事件を追う過程の中で生で事件と向き合う事が多いのです。

その分、事件に遭遇した時の猟奇的な描写・恐怖・絶望感・残虐表現は段違いに上昇しています。


CHAOS;HEADでは拓己は一人暮らしな引き籠りとコミュニティが狭かったのですが、
CHAOS;CHILDでは「新聞部の部長」「小規模な施設である青葉寮」とコミュニティが広く、「友情」や「家族愛」といったヒューマンドラマな要素も増えています。
科学ADVシリーズではSTAINS;GATEの「未来ガジェット研究所」、ROBOTICS;NOTESの「ロボ部」がありましたが、そこを別の切り口で深化させたようなイメージです。


今作でのウリは
・ドキドキする展開を楽しめる熱中度の高いストーリー
・声優陣の熱演
・昭和世代には堪らない小ネタの数々
・マッピングトリガーにより「真相を推理する楽しみ」を手軽に味わえる事
・最新型の据え置きハードだから実現できた高解像度のグラフィック、
 高い処理能力によるシステム面の動作の軽快さによるストレスレスな体験
・実在する「力士シール」や実在する建造物が登場したり鮮度の高いネットスラングや時事ネタを豊富に交えたする事で得られる「2014年現在から見たリアルな近未来体験」
・これまでの科学ADV同様、他の科学ADVとのクロスオーバー
などなど・・
魅力は数えきれないくらいにあります。


上のほうにも書きましたが、「Z指定版のCHAOS;HEADを遥かに超える猟奇的な事件」は人を選ぶと思います。
CHAOS;CHILDの前にCHAOS;HEAD NOAH&CHAOS;HEADらぶChu☆Chu!を遊ぶと理解度が増して楽しめるかなと。


CHAOS;HEADを含む科学ADVファンなら間違いなく買いの一本。
2014年から2015年の早い時期に遊ぶ事で鮮度が高いネタを楽しみつつリアルな近未来体験を楽しめるはず。
科学ADVファンならば、XBOX ONEと一緒に買ってもいいかなと。


CHAOS;CHILD発売元のMAGES.からは2014年12月時点で「サイコパス」「ミステリートF」といったADVがXBOX ONEにて2015年に発売予定です。
科学ADVではありませんが、「事件を追っていくADV」としてはCHAOS;CHILD同様の魅力があるはずです。
CHAOS;CHILDしか遊ぶものがない!と悩むのでしたら、2015年以降も「大人向けなADV」が展開されるので、安心してXBOX ONEを購入できそう。


プレイ中やクリア後の多数のプレイヤーからたくさんの高評価な意見も多数聞かれるだけに、XBOX360での発売直後なSTAINS;GATEの時のような熱度を感じています。
ADVファンならば間違いなく楽しめるのでオススメです。
普段ADVを遊ばないプレイヤーの方にももちろんオススメ。
XBOX ONEにて体験版が配信中なので未体験な方は是非。
スポンサーサイト
 

2014,12,31 15:11Edit
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL:
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。