お知らせ
 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

スポンサー広告|トラックバック(-)|コメント(-)
--,--,-- --:--Edit
 

Xbox360について


Xbox360ってどんなゲーム機なの?って疑問に応えれるコンテンツが欲しいなぁって事で、360をアッピルしてみる事にしました。
コメントに質問書いてもらえれば可能な範囲でお答えします。
 

■ゲーマータグについて
360をプレイするに当たってのユーザーIDみたいなものです。
タグを参照する事によってユーザーの色々な情報が見れちゃいます。
・評判(他プレイヤーからの好印象/悪印象具合が分かる)
・現在の状況(プレイ中のゲームのプレイ状態やログイン状態等を確認)
・モットー(一言コメントみたいなもの)
・所持しているゲーム一覧・ゲームのやり込み具合
・メッセージを送る
・ボイスチャットに誘う
・プレイ中のゲームに誘う(フレンド限定の機能)


■Xboxダッシュボードについて
PCで言う所のOS(windows等)みたいな物です。
360を起動すると最初に表示される画面ですね。
ダッシュボード内にある各メニュー及びコンテンツを選択する事で色々出来るのです。

・Xboxlive(オンライン機能を使用するモード)
・ゲーム(ゲームのやり込み度、ダウンロードしたゲーム・体験版をプレイ)
・メディア(HDDに保存した音楽・写真・映像を見れる。PCと連動可)
・システム(各種設定等)
デザインテンプレートをダウンロードする事で見た目のカスタムも可。
それぞれについては下記で解説。

●XboxLive
XboxLiveはXbox360用のネットワークシステム。

・ゲーマータグ関連
 360&インターネット上でゲーマータグを共有し、Webブラウザ上からメッセのやり取りやフレンドのログイン状態確認も可。
・フレンド
 フレンドのログイン状態等を確認。
・マーケットプレース
 過去のソフトや発売予定のソフトの体験版・デモ映像をダウンロードする事も可能。(配信ペースはそこそこ。)
 購入済のソフトの追加コンテンツダウンロードも出来ます。

体験版DL画面


●ゲーム
ユーザーのゲームプレイ履歴等を表示

・実績
 ゲームごとに設定された条件を満たす事でポイントが増えていき、「やり込み度」の目安になっています。
 条件はゲームによって様々。
 Gears of Warだと「特定の武器で100回敵を倒す」等。
 FF11だと「ジョブレベル75」等。
・遊んだゲーム
 「実績」とほぼ同じ内容。
・XboxArcade
 マーケットプレースにて購入したダウンロードゲームをプレイ出来る。
 値段は1000円以下で、ファミコンの様なゲームが遊べます。
・デモなど
 マーケットプレースでダウンロードした体験版をプレイ出来ます。
 体験版の数は現時点で37本。
 英語版のゲームもプレイ可能。
 この機能だけでも十分楽しめるし「遊んで楽しかったゲーム」を購入できるからハズレなゲームに当たり難い。

●メディア
音楽、映像、画像等を使えます。

・音楽
 CDから音楽データを保存し、ゲームのプレイ中にBGMとして再生する事が可能。
 音楽好きには良いシステムらしいです。
・画像
 デジカメ等から写真データをHDDに保存し、TVで写真が見れます。
 360を使わなくても実現出来る為、いらない機能かも。
・ビデオ
 HDDに保存されている映像が見れます。
・マーケットプレース
 映画の予告編等をダウンロード出来るようですが現状ではあまり更新されていない様子。
 日本での360普及台数からすれば北米のように機能強化される可能性は薄いと思われます。

●システム
・ゲームデータ等のデータの管理
・画面の設定
・ネットワーク接続設定
・PCとの接続設定


■Xboxガイドボタンについて
コントローラーの中央にあるボタンです。
・電源のON/OFFが出来る
・ゲームをプレイ中にフレンドにメッセージを送ったり、フレンドのログイン状況確認、BGMを変更したり出来る。


■XboxLiveでオンライン対戦するまでの流れ
XboxLiveの対戦の流れは、「ホスト」と呼ばれるプレイヤーが「ルールを設定した部屋」を作成する所から始まります。
部屋の作成→参加者を待つ→人数が揃ったら対戦開始
が一連の流れです。

XboxLiveでは「ランクマッチ」と「プライベートマッチ」があります。
・ランクマッチ
 対戦に勝利する事でポイントが入手出来て、やり込み関連の実績へ影響が出ます。
 特定の人と遊べず、無作為にプレイヤーが参加する方式になります。
 実績やポイントの自演防止ですね。
・プライベートマッチ
 ホストがフレンドを部屋に呼ぶ事が可能。
 ゲームによっては「フレンド限定の部屋」や「フレンド枠~人の部屋、残りは無作為に参加者を待つ」事も可能。


今回はシステム周りが親切に作られている「ロストプラネット」を例にしてみます。
1:XboxLive用のゲーマータグでサインイン(ログイン)する。
ゲーマータグの作り方については省きます。
オンライン対戦したい場合は最初にタグを作る時から「XboxLive」用のタグを作ると幸せになれます。

2:ゲームを起動し、メニューから「ONLINE BATTLE」を選択する。


3:対戦方式を選択する。(ランクマッチorプライベートマッチ)


4:クイックマッチ(ルール関係無しにすぐに検索)
カスタムマッチ(ルール指定して検索)
 ミッション作成(自分がホストになる)
 のいずれかを選択。


5:方式を選択すると、条件に合った部屋を検索開始する。

6:ホスト者のゲーマータグ名、対戦ルール、現在の人数等がリストで表示される。


7:参加したい部屋を選択すると、部屋の中に入り参加者の一覧リスト&対戦ルールが表示される。


8:人数が揃った所でホストが対戦開始を選択すると、自動的にプレイヤーがチームごとに振り分けられ、対戦開始する。


9:対戦中。


10:対戦終了後、ランクマッチなら経験値ポイントを取得。
 対戦戦績や、部屋全体での戦績順位を確認できる。
 Bボタンを押す事で部屋から退出し、対戦終了になる。


ロストプラネットでは、部屋に参加から部屋から退出まで常時ボイスチャット可能です。
対戦中以外は全員と話せますが、対戦中のみチームメイトとのみになります。

■XboxFriendsについて
オフィシャルサイトです。
名前の通り遊ぶ相手を探したり、グループを作って一緒に遊んだりするのを補助するコンテンツ。

まずはゲーマータグを登録する所から始まります。
タグを登録してログインすると画面左側に自分のゲーマータグや所属しているグループが表示されます。


グループに入るとメンバーの一覧やグループ専用の掲示板が見れます。
掲示板で遊ぶ日程を打ち合わせたり、気が合いそうなメンバーにフレンド登録を申し込んだりと、一期一会になりがちでフレンドを作り難いXboxLiveの弱点を補う感じ。
グループメンバーの一覧はこんな感じで表示されます。
ログイン状況・プレイしてるゲーム・ニックネームが分かります。


リストのタグを選択すると色々な情報やアピール文が読めます。
sixのを例に出してみる。

年齢・性別・居住地等は隠す事も可能。
ここで所持してるゲームやログイン時間辺りを書いておくとフレンドに誘いやすいです。
スポンサーサイト

2005,02,27 19:17Edit
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL:
プロフィール

six360

Author:six360
■仮移転先→amebaBlog

購入履歴
2006 10/14 Xbox360
2010 1/15 PlayStation3
2010 10/23 PlayStationP
2012 2/2 nintendo3DS
2012 8/7 nintendo wii
2012 10/11 PlayStationVITA
2014 5/16 PlayStationVITA TV
2014 9/4 XboxONE
2015 5/30 nintendo wiiU
2015 6/25 nintendo new3DS
2016 9/15 PlayStation4
total:(2007 2/12~)
実績66666:2011 10/23
■購入予定
Scalebound(未定)
KINGDOM HEARTS III(未定)

■購入意欲アリ(発売済)
穢翼のユースティア

■応援中です
Dies iraeアニメ化プロジェクト応援中!

■Uchiの2014 GOTY no1


■Uchiの2013 GOTY no1


■UchiのGOTY2012 no1

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。